医師 転職 求人

医師も転職をした方がいい理由(男性/30代)

男性/30代

現代の社会人はすぐに会社を辞めてしまうと言われています。しかし、合わないところに居続けても、自分のためになりません。無理に働いていてミスをしてしまったら、それは会社のためにもならないと思います。

 

これは、医師も同じだと思うのです。同じ所に居続けることでマンネリ化してしまうこともあります。スキルアップのためにも、転職することは必要です。そんなふうに思ったので、私も思い切って転職することを決めました

 

医師のための求人情報サイトを活用してみることにしたのです。求人はたくさんありました。需要が多いことで、いろいろと選択することができます。まず、希望したことは家から近いという点です。通勤時間が楽な方が心身にとっていいと思ったからです。

 

そして、評判のいい職場を探しました。口コミ情報なども参考にしたことで、より良い職場を見つけることができたと思います。医師が転職することは決して悪いことではありません。今の職場に不満を感じている人は、求人サイトをたまにチェックしてみるといいかもしれません。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

専門医資格を取得して志実現のための転職(男性/30代)

男性/30代

僕はこれまで大学病院に勤務し、糖尿病専門医と腎臓内科専門医の資格を取得しました。大学病院は症例数も多く、信頼できる指導医にも恵まれ、かなりスピーディーでスムーズに取得できたと感謝しています。もっとも、僕には患者としっかり向き合いながら、1人1人に納得のいく治療を行いたいという医師としての志があります。

 

勤務している大学病院では外来患者数も多く、短時間診察のうえ、治療も看護師などとの役割分担がしっかりされているので、1人1人にじっくり時間をかけることができません。そこで、自分の理想的な治療を提供できる求人に応募したいと思ったのです。転職支援サイトに登録し、キャリアアドバイザーの方に自分の思いの丈をお話ししました。

 

とても親身に話を聞いてくださったので、この人なら任せられると安心したものです。ご紹介いただいたのは、糖尿病治療と透析を専門に行っているクリニックでした。糖尿病患者への食事指導や運動指導から、腎臓病患者の透析の管理と治療計画の支援まで、しっかり患者と向き合えるクリニックで大変気に入っています

 

自分らしく働きたく登録しました(女性/30代)

女性/30代

私は両親が医師でしたので子供のころから自然と自分もなりたいと思っていまして、大学卒業後に研修医として内科勤務していた病院がありました。

 

勤務していくなかで段々ともっとスキルアップさせたいという気持ちと自分のプライベートの時間を大切にしたいと思い先輩に相談したところ、専門の求人サイトがあると教えてもらいました

 

医師の転職というのは珍しくはありませんが、なかなか自分の力で探すのは難しく、登録させていただきました。勤務地や休日など希望に近い病院があると紹介してくれますし、コンサルタントの方が親身になって相談にのってくださり、おかげで理想とする病院に辿り着けました。

 

全国の医師求人を取り扱っていますので、地元で働きたいとか結婚して
他県に引っ越しするなどというときの転職の際に利用してみてはいかがでしょうか。

 

今の病院に決まった時は、コンサルタントの方も自分のことのように喜んでくれてとても嬉しかったです

 

最近、友人にも紹介しました。

 

よくある質問

医師が転職する場合、どのようなことから始めるべきでしょうか?

転職の目的をハッキリさせましょう。

 

職場に不満、待遇や収入に不満というマイナス要素ばかりでは、医師の転職は失敗します。職場環境や待遇の改善、収入アップを望んでの転職でも、転職先でどのような働き方がしたいのか、医師としてのキャリアアップや方向性を考えるべきです。

 

現在の専門分野を極めたい、もっと症例数の多いところで頑張りたい、専門医や指導医等の資格を取りたい、苦しんでいる人をより多く助けたいなど、目的や目標を明確にしましょう。そのうえで、それが叶う転職先を見つけなければなりません。

 

たとえば、専門医などの資格を取りたいなら、研修の認定機関に指定されている医療機関を候補にすべきでしょう。

 

症例数については、専門分野によっても異なりますので、
気になる求人ごとにホームページ等で数値データの確認をとるほか、面談の際にしっかりヒアリングすべきです。

 

医師の転職活動で、やっておくべきことはありますか?

応募してただ面談をするだけでなく、必ず転職希望先の見学をさせてもらうようにしましょう。
職場の環境や患者の来院数、設備の充実度などしっかり確認しておくことが、転職で失敗しないポイントの1つです。

 

医師の求人を探す方法にはどのようなものがありますか?

気になる大学病院や総合病院の採用情報ページ、自宅付近や近隣の診療所や
クリニックのホームページで採用情報があるかを探す方法がまずあります。

 

また、所属する医師会や学会等のサイトで求人を掲載しているところもあるので、そのサイトを確認するという手もあります。

 

もっとも、絶対にこの病院で働きたいという強い希望があれば別ですが、
ご自身で1つずつ医療機関の目星を付けて求人の有無を確認していくのは非常に手間がかかります。

 

それぞれの比較検討も、求人情報がまちまちで比較がしにくいのも欠点です。医師会等の求人については、掲載されているだけで、斡旋や転職サポートをしてくれるわけではなく、ご自身で検討から応募まで全て行う必要があります。

 

一番スムーズなのは、医師の転職を専門に支援する転職支援サイトでしょう。