アレルギー 医師 募集

アレルギーの子供とママたちの笑顔を見るために(女性/30代)

女性/30代

私は総合病院の小児科医として6年ほどのキャリアがあります。風邪や腹痛から、流行の感染症まで様々な子供たちが訪れますが、アレルギーの酷い子も多数診てきました。

 

実は自分も子供の頃にアトピーで悩まされた経験があり、母親の必死の病院探しやサポートのおかげで、今ではほとんど症状が気にならなくなっています。そんな経験もあり、辛い症状に悩むお子さんを助け、ママたちに安心を提供したいと思い、小児アレルギーを専門的に診る医療機関への転職を考えるようになりました。

 

医師求人の専門サイトで見つけたのは、小児科医として実績のある方が少し前に開院した小児専門のクリニックでした。
アレルギー科も併設されていて、そこで専門医を募集していたのです。

 

専門サイトのコンサルタントのサポートもあり、スムーズに転職を果たした後は、
自分の目標を実現するため、日々丁寧で親身な相談と診療にあたっています。

 

子供たちが少しずつ症状が改善し、笑顔が戻り、ママのホッとした表情を見るのが何よりの喜びです。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

子どもがアレルギーを持っていたので(男性/30代)

男性/30代

小児科の医師として働いていました。しかし、子どもが産まれしばらくすると、アレルギーを持っていることがわかります。私はアレルギーは専門外でした。少しでも子どもの症状が良くなって欲しいため、アレルギーを専門に診ている小児科への転職を考え始めます。

 

しかし、なかなか思った通りの所は見つかりません。
そんな中、医師専門の求人募集サイトを見つけました

 

そちらのサイトはコンサルタントもいてくれ、転職活動をサポートしてくれるようです。探している求人について、コンサルタントの方は親身になって相談に乗ってくれました。色々な病院を検討してみたら、条件が一番いい所を探す事ができました。

 

面接でも、色々相談に乗ってもらい有利に進める事ができます。面接の結果、無事内定をもらう事ができ、とても満足しています。転職をしてみて、難しいと感じる所もありますが、新たな知識を得る事ができています。

 

子どもの体も診てあげられるようになったので、転職してよかったです。

 

小児アレルギーのエキスパートになりたい(女性/30代)

女性/30代

私は診療所の小児科医として勤務していますが、食物アレルギーやぜんそく、アトピーなどの症状を抱えるお子さんが非常に多いことに医師としても驚くほどでした。

 

より専門的な知識を得たいと思い、アレルギー専門医の資格を取得したいと考えるようになったのです。そうすれば、小児科医としてもより専門的に子供たちの治療が行えると考えました。

 

もっとも、診療所は専門医の教育研修施設には認定されていないので、
本気で目指すとなれば認定施設への転職をしなければなりません。

 

現在の職場を離れるのは後ろ髪ひかれる思いでしたが、より高度な知識とスキルを得て子供たちのためになりたいと思い、転職を決意したのです。募集を探すにあたっては転職支援サイトを利用しました。

 

コンサルタントに相談したところ、かなりスムーズに専門医の教育研修施設になっている大学病院の求人を紹介していただくことができたのです。今は転職を果たし、指導医のもと毎日数多くのアレルギー患者の症例を積めています。

 

よくある質問

小児アレルギーを専門としたいのですが、どのような求人がありますか?

小児期のアレルギー疾患は近年、ますます増加傾向にあり、専門的な診療ができる医師へのニーズは高まっています。

 

もっとも、地方などでは専門的に分化されているケースはまだ少なく、小児アレルギー患者の受け皿は小児科であり、
風邪や腹痛、他の疾患と並行してアレルギーで継続的に通院する患者も診るという流れになります。

 

一方で、アレルギーだけを専門に診たいなら、大学病院など大病院内にある小児アレルギー専門外来や、
地域の小児アレルギー専門クリニックや、小児科クリニック内の専門外来の求人を探すといいでしょう。

 

小規模なクリニックの場合は院長などが専門としており、募集は非常勤などが多く、
また、経験値や専門医資格などが求められることが多くなります。

 

小児アレルギー疾患を専門とするうえで、医師に求められることはありますか?

以前から気管支喘息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーといった症状を持つ乳幼児や
薬物アレルギー、アレルギー性鼻炎といった症状を持つ子供は多く見られました。

 

しかし、近年は環境の変化の影響か、ますます増加傾向にあります。

 

アトピーなど昔はなかった現代病とも言われるアレルギー疾患は、まだ原因が解明されていないうえ、皮膚の炎症だけでなく、
食物アレルギーや化学物質、化学繊維等の様々な異物にアレルギー反応が見られます。

 

世間の注目も高まっており、妊娠期や乳幼児期に除去食を実践するママが増える一方で、学校給食でのアナフィラキシー死亡事故も続出しており、医師として専門性が要求されるのはもちろん、学校教育の現場や保健指導の現場で活躍することも期待されています。

 

スキルとしては日本小児学会専門医を持つのはもちろんのこと、日本アレルギー学会専門医、
さらには指導医の資格を目指して経験を積むことが求められます。

 

アレルギー関連の医師としては、どのような募集がありますか?

小児アレルギー疾患を診療する小児科や小児アレルギー専門外来に加え、成人のアトピー性皮膚炎や、金属アレルギー、じんましん等を診療する皮膚科、花粉症やハウスダスト等のアレルギー症状を診療する耳鼻咽喉科などの募集が挙げられます。