キャリアアップ 医師

小児科医から救命専門医を目指して(男性/30代)

男性/30代

僕は小児科医として総合病院に勤務していますが、小児の急患が入るとほぼ確実にオンコールされます。救急医療の現場に携わることも多かったので、自然と救急の現場に魅かれるようになりました。

 

もっとも、うちの病院は3名ほどの当直医で救急をカバーしている状態で、救急医専門医の資格がとれる認定施設でもありません。いつか専門医へのキャリアアップを図りたいと、転職の時期を考えていました。

 

小児科の医師は少ないのですぐには無理だったのですが、タイミングよく研修医が2名入ってきてくれ彼らにある程度任せられる段階になり、転職支援サイトを探して登録しました。紹介して頂いたのは研修認定施設にもなっている総合病院の救命センターです。

 

センターとして独立しているので、常勤の救急専門医が複数おり、夜間でもうちの病院の日中のようなスタッフが在籍しています。現場を見学させてもらい、その充実した環境に感激し、すぐに転職を決めました。

 

小児急患についてはオンコール体制だったそうで、小児科医は大歓迎と迎え入れてもらい、
キャリアアップに向けて走り出しました。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

麻酔科のエキスパートを目指して(男性/30代)

男性/30代

後期研修を経て麻酔科認定医資格を取得できましたが、目指すは専門医、さらには指導医です。この分野を極めてエキスパートになりたいと思い、キャリアアップのための転職を決意しました。

 

求める条件は手術件数が多く、症例も多彩であること、もちろん、専門医資格の研修施設に認定されていて、さらに麻酔科の指導医がいることです。専門医を取得できたら指導医も目指したいので、そのためには指導医から研修を受けなくてはなりません。

 

こうしたキャリアアップのための条件が全て揃っているところを探して、長く落ち着いて経験を積みたいと考えました。もっとも、自分で全ての要件を満たし、通勤もしやすく収入や福利厚生も充実といったところを探そうとすると大変難しいことに気づいたのです。

 

そこで医師専門の転職支援サイトに登録してみたところ、キャリアアドバイザーが面白いほどすぐに見つけてくださいました。おかげで転職も決まり、これまでよりいっそう充実した環境でキャリアアップに励んでいます。

 

このままではいけないと感じた(女性/30代)

女性/30代

ずっと同じ勤務先に居続けるというのは、とても居心地がいいものです。
仕事も慣れてしまうので、楽に感じられます。

 

しかし、私はこのままではいけないと感じるようになってきました。医師としてこれからもずっと働き続けるためには、キャリアアップも考えた方がいいと思ったのです。キャリアアップを図るために、私がもっと輝けるような職場を探すことにしました。

 

医療関係の求人サイトをいろいろと見てみたのですが、意外にも、魅力的な職場がたくさんあることを知りました。これまで、この手のサイトを一切、見たことがなかったので、いい意味で衝撃的でした。細かな条件を設けて絞り込んでいき、ようやく一つの職場に応募してみることが決まったのです。

 

その職場は、医師としてのキャリアアップをサポートすることを重視しているそうです。これはまさに私の希望に合うと思いました。そして、現在、その職場に勤務しています。最初はとても大変でしたが、医師としてまだまだ知らないことがたくさんあることが分かり、四苦八苦しながらも様々なことを学びつつ、仕事をしているところです。

 

よくある質問

医師がキャリアアップを果たす上で、ポイントはありますか?

医師がキャリアアップを目指す上では、やはり専門性を高めることがポイントになります。

 

それぞれの診療科や領域における専門医資格の取得を目指すことや、
既に専門医資格をお持ちなら指導医を目指して研鑽するのが基本となります。

 

そのためにはまず、専門医資格が取れる研修認定施設になっている大学病院や総合病院への求人を探してみましょう。

 

認定施設でもその体制や環境は様々ですので、キャリアアップを目指すためには
より多彩な症例が経験できるところを探すのがベストです。

 

また、優秀な指導医がいるところや、医師への研修体制が整いバックアップ体制がしっかりしているとより望ましいです。

 

医療設備や手掛ける手術の実績なども異なるため、ご自身が希望するような最新の診断機器や治療機器、
手掛けてみたい高度なテクニックを必要とする手術などを行っているかなども細かくチェックして探してみてください。

 

面接だけでなく、院内見学や施設見学など細かく見て回ってから判断するのが賢明です。

 

女医として結婚や子育ても諦めたくないのですが、キャリアとの両立は困難ですか?

結婚や子育てとキャリアの両立は可能ですし、今は各医療機関においても医師不足をカバーすべく
女性の子育て支援や復職支援に力を入れていて、キャリアを継続できる環境が充実してきています。

 

もっとも、大学病院や総合病院の制度として整っていても、実際に現場で機能しているかを転職前に見極める必要があります。

 

実際に制度を利用している人がいるかや、見学や面談を通じて希望する診療科の現場をしっかり確認しましょう。

 

いかに病院として制度化していても、現場の指導医や先輩医師の考えが古かったり、
サポート体制が整っていないと、両立しながら働くことが難しくなるためです。

 

医師としてキャリアアップのために、どのような求人がおすすめですか?

1つには専門医や指導医資格が取れ、症例数も多く最新の医療設備が整った大学病院や
大規模な総合病院の求人が挙げられます。

 

一方、医師として力を付けるには医師不足が問題となっている地方の病院や僻地医療、また災害医療など、
個々人の能力が大きく試される現場に出向いてキャリアアップを図る道もあります。