メディカルドクター 求人

友人の意見が参考になった(男性/40代)

男性/40代

私がメディカルドクターになったのは、友人の影響からです。大企業に勤めている友人が、その企業の専門医が居るととても助かると言っていたことがありました。

 

その企業で働く人たちの健康管理をしてくれたり、健康相談に乗ってくれたりという専門医の存在は、とても大きいそうです。専門医が居るからこそ、健康維持に務めることができ、毎日、元気に働くことができるそうです。そんな話を聞いてからというもの、医師免許を持っている私もそんなふうになりたいと思うようになりました。

 

医師の転職サイトで探してみると、意外にも求人がたくさんあってビックリしてしまいました。
メディカルドクターの求人は、今、とても多くなってきているようです。

 

気になる企業があったので、応募してみることにしました。

 

メディカルドクターは、その企業の社員と同様、勤務時間が一般的なサラリーマンと変わりません。そんな点も勤めやすくていいと思いました。そして、社員たちが健康的に働けるサポートができるという点に、やりがいを感じています。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

企業に勤務したかったので選択した(男性/30代)

男性/30代

一般的な病院に勤務していた医者です。それが当たり前のことだと思っていたのですが、友人がメディカルドクターとして働いていることを知り、私も企業に勤めたいと思うようになってきました。

 

病院のことしか知らないということが、何となく向上心がないような気がしてきたのです。普通の人と同じように、企業に属してみるというのも社会勉強になると思いました。いろいろな求人サイトを見てみたところ、比較的、大手企業からの募集が多いことが分かりました

 

誰もが知っているような企業で医者としてではあっても働くことができるというのは、とても光栄なことだと思います。気になる企業のいくつかに応募してみました。そのうちの一つが特に対応が良く、メディカルドクターとして働いている人の様子も見学させてもらえることになったのです

 

今回、求人を出したのは、その女性医師が妊娠したことで産休に入ることになったからでした。
産休に入る前に、いろいろと教えてもらいながら、今は一人前のメディカルドクターとして企業で働いています。

 

現場を知らないと開発もうまくいかない(男性/40代)

男性/40代

病院勤務のときに製薬会社から薬の説明を聞きつつ、思うことは現場が思っていることと製薬会社の意図が少し違っていることでした。そんな中メディカルドクターの求人を見て、思いきって応募しました。

 

臨床経験が数年必須ということや語学力、その他にも条件がいくつかありましたが、幸いにも全てクリアしており、転職をすることができました。臨床経験も必要なため若い医師では難しい職種だと思いました。

 

病院での経験を活かすチャンスで、現場の声を製薬に役立てたいと思っています。特に病院勤務に不満があったわけではないのですが、医療に薬は必要なものなため多くの医師が望む薬の開発ができればもっと治療がスムーズにすすむ可能性もあります。患者さんだけでなく、多くの治療者にも役立つ仕事だと思い期待している職種です。

 

年収に関しても以前よりも上がり大満足の転職だったと思っています。

 

今やっている研究に集中して取り組むことができるので、
アレコレと考えることがなくて心にもゆとりのある仕事ができています

 

よくある質問

メディカルドクターは主にどのような業務を担いますか?

メディカルドクターは製薬会社で、主に新薬の開発に関わる仕事をします。

 

臨床開発の試験計画を立案したり、開発する新薬の分野における外部の専門医から意見聴取を行って試験計画を実施したり、臨床開発部門の管理や試験のスムーズな実施などを任されます。

 

新薬の開発後には、医療機関や患者等から寄せられる副作用のフィードバックと原因解明を行います。

 

なお、近年では医療機関や一般消費者と直接相談する窓口を設け、医師が対応するといった製薬会社も登場しています。

 

メディカルドクターの求人に応募するには、診療科目や経験は問わないのでしょうか?

製薬会社の求人によって異なりますが、臨床経験5年以上という条件が多くなっています。
また、臨床医として勤務していた際に治験の経験があると、なお歓迎されます。

 

一方、製薬会社での経験を求めるケースや、臨床経験は問わず
医学部で細菌学を専攻していたことといった条件が付されるケースもあります。

 

診療科目については全般として特に問わない求人と、新薬の開発に向けて悪性腫瘍領域や循環器領域、
糖尿病や内分泌領域や認知症など老人医療領域など、臨床経験の領域を絞る求人もあります。

 

特に外資系の製薬会社の場合、製品や領域ごとに専門の医師を配置するケースが多く、特定の分野に強い医師は歓迎されます。

 

メディカルドクターに求められる能力やスキルはありますか?

臨床医としての一定の分野での専門的な知識やノウハウ、経験のほか、
医療機関で実際に治験に携わったといった経験もアピールポイントになります。

 

もっとも、メディカルドクターになるには医師としての専門的能力だけでなく、
高い英語力やプレゼン力、コミュニケーションスキルなども必須となります。

 

医師の多くが英語やドイツ語などの読み書きは得意かと思いますが、英語による書類の作成から、
難しい資料の読解、さらにハイレベルな英会話力も求められます。

 

海外とのやり取りや出張の機会もあるため、英語を使ったコミュニケーションスキルやプレゼン力も必要です。

 

また、臨床試験を計画的に進められる計画力や管理能力、
他のスタッフのコーディネイト力や事務処理能力なども求められることになります。