リウマチ 医師 募集

周囲に喜ばれた(男性/50代)

男性/50代

私のように、リウマチ専門の医師というのは意外と少ないようです。
身近な人たちの間では貴重な存在だと、日頃から言われ続けていました。

 

そこで、その専門的な知識やこれまでの実績を活かしたいと思い、医師転職支援サービスのサイトをいくつか利用してみることにしたのです。リウマチ専門の医師を募集している職場は、思いのほかもたくさんありました。

 

その中で通勤しやすく、年収も比較的高いところに決めることにしました。もちろん、実際に職場を訪れてみて、環境が良かったという点も決め手です。リウマチと言うと、高齢者に多い病気の一つとして知られています。リハビリが必要になることも多く、長期に渡って通院してもらうこともよくあることです。

 

だからこそ、患者にとって親身的な治療を行うことを心がけるようにしています。今回の転職先は地域密着型で、おなじみの患者さんばかりという点も和気藹々としていて働きやすく、とても居心地が良いです。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

地元に戻ろうと思って転職をする(男性/50代)

男性/50代

大学在学中にお世話になった教授より、総合病院を紹介されて長年働いていました。私はリウマチ医師なのですが、人手が不足している科目ということもあって、毎日が忙しく過ぎていました。このまま定年まで働いても良いと思っていましたが、父が数年前に亡くなり、高齢の母が1人暮らしをしていることが気になっていたのです。

 

私の子供も成人しましたし、妻も現在仕事をしていませんので、夫婦で地元に戻ろうかと考えました。しかし仕事は続けたいと思いましたので、大学時代の後輩から聞いた転職サイトにお世話になったのです。

 

地元でもリウマチ医師の募集がされているかと聞きましたら、5つほど紹介もしてもらえました
そんなに募集があるとは思っていなかったので、後輩からサイトの話を聞いて良かったと感じました。

 

そしてそれぞれ面接も受けて、ゆっくりと働けそうだなと思った病院への転職を決めたのです。
あまり忙しい病院ではないので、穏やかな気持ちでも働けるようになりました。

 

好条件でリウマチ科医師に転職成功しました(女性/30代)

女性/30代

私はこれまで整形外科医としてリウマチに苦しむ多くの患者さんと関わってきました。その関わりの中でいつしか、この病気の患者さんを専門に治療する医師になりたいと希望するようになっていったのです。

 

そこで医師の転職支援サービスに登録して、リウマチ科の募集枠探しを始めました。

 

登録したのは、リウマチは整形外科・免疫内科などで診療が行われている場合が多く、この病気専門の科はまだまだ数が少ないので、募集枠をたくさん見つけるためには転職支援サービスに登録をして非公開求人情報も教えてもらった方が良いと考えたからです。

 

狙い通り、コンサルタントの方は、多くの求人情報を紹介してくれたので、私は、その中から特に気になった求人へさっそく応募しました。結果として、私はかなり好条件で転職を成功させることができました。

 

応募した求人が非公開の特別な求人だけあって元々待遇が良かった上に、コンサルタントの方の交渉によって私がこれまで整形外科医として積んできた経験を高く評価してもらえたことで、より高い年収を提示してもらえたからです。

 

転職をしようと思った当初は、年収が多少下がったとしても、
やりたい仕事ができるなら我慢しようと覚悟していたので、これは嬉しい誤算でした。

 

よくある質問

リウマチを専門に扱うにはどのような求人でどのようなスキルを身に着けるべきですか?

リウマチは人口の約0.5%に症状がみられるという患者数も多い疾患であり、昔からある病気であるにも関わらず、
未だ確かな原因が解明されていないなど、更なる研究や専門治療が必須となる分野です。

 

そのため、リウマチを専門としたいなら、大学病院や総合病院などのリウマチ治療に実績が高く、
リウマチ専門医がいる診療科の求人を探し、多彩な症例と専門医による指導を受けることが賢明です。

 

なお、診療科の名称はリウマチ科に限らず、他の診療科の一部に属している場合もありますので、探す場合は注意が必要です。

 

また、関節リウマチに関しては治療法も多彩になっており、特に研究機関も兼ねる大学病院の場合、
独自の治療技術や新たな新療法などを導入しているところもあります。

 

そのため、どのような治療方針の医療機関で学びたいかも、求人探しのポイントとなります。

 

抗リウマチ薬に加え生物学的製剤を用いた治療や、ステロイド薬や免疫抑制薬等を使った治療と合併症の予防などを行うところもあります。また診断基準についても、新たな血液検査法や超音波、MRI、FDG-PETといった新しい画像検査などを導入し、より早期により正確な診断ができる医療機関も登場しています。

 

リウマチを専門とする医師として、治療以外にもニーズがありますか?

リウマチは未だ完全に原因が解明されておらず、治療薬の開発から治験・自主臨床試験、
新規治療法の開発などを行っている医療機関や製薬会社などもあります。

 

医師として製薬会社や大学の研究室等で、関節リウマチに対する生物学的製剤の効果予測法の開発や
作用機序の解明、T細胞の分化機構の解明など最先端の研究に携わることも可能です。

 

リウマチを専門とする医師になるためには、どの段階からスタートすればいいですか?

後期研修を終えた後はもちろん、医学生の時代や後期研修としてスタートする方も少なくありません。

 

専門分野として極めたいなら、少しでも早くスタートしたほうが経験値を挙げられます。

 

たとえば、全国でも有数のリウマチの診療機関である大学病院のリウマチ科などの
後期研修医募集に応募すれば、経験豊かな指導医のもと、豊富な症例数を学ぶことができます。

 

研修プログラム終了後には、日本内科学会認定総合内科専門医はもちろん、
日本リウマチ学会リウマチ専門医などの受験資格も取得できるので、専門医になるスピードも高まります。