内科 医師 募集

内科医として沢山の臨床経験を積みたく転職した時の事(男性/30代)

男性/30代

私は、子供の頃より医師になることが夢でありました。病気を治療してくれるお医者さんというのは、私の子供時代は神様のようでした。そうして、今では何とか内科医として子供時代の夢を実現させてはいます。

 

しかしながら、今働いている病院の外来の患者というのは多いとは言えません。その為に、臨床経験を積むことがあまりできずにいました。どんな病気にも対応していくためにも臨床経験を積みたい思いから、外来患者の多い病院の医師の募集はないかと探していた時に見つけたのが、転職サイトです

 

転職エージェントの方は、とても親身になって話を聞いてくれた上で、求人情報を色々と紹介していただきました。
私の働きたかった臨床経験を積めそうな病院を見つけていただき、紹介していただきました。

 

担当のエージェントの方のおかげで、無事に転職することに成功し、今では沢山の患者さんと毎日接することができるようになりました。沢山の経験を積み、あらゆる患者に対応できるようになるのが今の目標でその環境を作っていただいたエージェントの方には感謝しています。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

若いうちに本気で働きたいから大病院へ(男性/20代)

男性/20代

今まで先輩のご縁で、個人病院に勤務していました。知り合いの医師や看護師も多く、とても快適に治療に当たることができますし、さすが私の性格を知って採用してくれただけの事はあると感心していました。ただ、気になるのは将来のあるべき姿です。

 

研修医を経て内科に配属されてから、基礎的な事を覚える間は仕事で頭が一杯でした。けれど、ある程度の症例を見て来て、一般的な疾患であれば後輩に指導できる位になった今、さらに知識と経験を積むために、より大きな世界へ出た方が良いと感じました。

 

できれば何年後かに結婚・独立する時のために、貯金も増やしておきたいです。

 

そこで、医師の転職支援サイトで新しい職場を探すことにしました。
知人の紹介で務めるのとは違い、変な気遣いがなくて、正直な自分の気持ちで仕事を探すことができるから良かったです。

 

沢山の情報を持っている会社にお願いしたので、めでたく大病院の内科医募集を見つけることができました。
勤務時間は長くなりましたが収入は増えたし、今は本気で働く時期だと思って満足しています

 

いずれ開業するための準備として(男性/40代)

男性/40代

内科医としては、15年ほど勤務してきました。大学病院に4年、遠くの総合病院に移って6年、そして帰ってきて地元の総合病院で4年半になります。大きな病院だと、内科の中でも多数の科目に分かれていて、かなり専門職が強くなります。そんな中、いずれは地元の病院を継いで、地域密着型のこじんまりした経営をしたいと思っています。

 

すると、専門的な知識を学ぶよりも、全体をざっと見渡すことができるように、一人で患者さん全身を診ることができるように、オールマイティな医師が必要となります。そこで自分が開業したときのために、似たような規模の病院が医師を募集していないか、探すことにしました

 

ところが、医師や弁護士といったハイクラス求人は限られており、一般の求人サイトでは、ほとんど見つけることができませんでした。何とか見つけた専門の求人サイトで検索したら、希望条件に合った病院やクリニックが沢山出てきて、とても絞りきれないくらいでした。今回の転院で、より良い条件を得ることができて、大満足です

 

よくある質問

内科医の求人動向や、働く上での特徴などはありますか?

内科医は医師の中でも一番数が多いですが、診療のベースとなる科目でもあり、それだけニーズも多いので求人も常にあります。大学病院や総合病院、診療所や地域のクリニックまで幅広く、健診センターや人間ドック施設などの求人も増えています。

 

大学病院や都心部の総合病院やクリニックなどでは、内科から一部の疾患や症状を独立したような専門外来も増えていますが、
医師不足が叫ばれる地方などでは、まずは内科医が望まれます。

 

その意味でも、配偶者の転勤や、高齢の親の介護等で故郷に戻る必要が生じた時でも、就職先に困らないのが内科医の特徴です。また、僻地や離島医療などにおいても、あらゆる体の症状が診られる内科医は活躍できます。

 

内科医も専門資格を取るなどして、キャリアアップを図るべきですか?

一般の方から見れば「医師といえば内科医」というほど、オールマイティーなステータスがあるのが内科医です。

 

もっとも、近年は医師の世界は専門医制度が盛んとなり、スペシャリストであることが求められるようになっています。患者の側も疾患が重度になるほど、または家族や知人に病気の人や亡くなる人が出るほど、医師の専門性にシビアになっていきます。

 

その意味でも、経験やノウハウを蓄積するだけでなく、専門医の資格を取得しておくことが今後ますます重要になっていくでしょう。

 

特に医師臨床研修制度が改正され、後期研修を終えると認定総合内科専門医の受験資格を得られるなど、
若い医師ほど早期に資格取得ができる環境が整ってきています。

 

ベテラン医師も負けてはなりませんし、内科専門医だけでなく、さらに糖尿病専門医など
得意分野を持つことが収入アップやキャリアアップへの近道になるでしょう。

 

内科医の求人募集に応募するうえで、気を付けるべきことはありますか?

内科医の募集は大病院から小さなクリニックや診療所まで多岐にわたる分、待遇や収入もかなり幅が広くなる傾向にあります。

 

そのため応募するにあたっては、待遇面や収入面、働く環境などを慎重に比較検討することが求められます。

 

また、内科専門医資格は糖尿病専門医なども当たり前に持つ資格なので、
資格があるから有利でなく、ご自身の強みや経験値を武器にするのがいいでしょう。