内視鏡 医師 募集

腕を上げたくて転職(男性/30代)

男性/30代

私はとあるクリニックで内視鏡検査と大腸ポリープ摘出治療に携わっていましたが、
患者さんからの反応がいまいちなのが気になっていました。

 

内視鏡検査がスムーズにいくかは医師の技量に左右されるといいますが、痛みを訴えられたり、苦しかったと言われたり、途中で断念される方もいて悩んだものです。そこで、しっかりした指導を受けたいと思い、検査に強い医療機関で募集がないかネットの医師専門サイトで探してみたのです。

 

その中で、痛くない内視鏡治療というキャッチフレーズを見つけました。多くの医療機関で行っているループ法ではなく、ストレート法という挿入法を用いることで痛みが軽減するというのです。

 

それでも医師の技量は影響するとのことですが、最新の方法を導入している医療機関において、
ベテランの指導医から指導を受けられれば、自分の技術も向上するのではと転職を決意しました。

 

サイトを通じて応募したので、面接までの流れもスムーズで無事採用が決まりました。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

しがらみのない職場に移れて、気持ちが楽になりました(男性/30代)

男性/30代

内視鏡を扱う医師は、他の科目から回ってきた患者さんを診ることも多く、常に上下左右の人間関係に気を遣う日々でした。それも、他の病院の部長から紹介されて入局したため、特に気遣いだったのだと思います。充分、他でも通用するだけの技術を身につけたと感じた昨今、そろそろ自由な人間関係を築ける病院に移りたいと考えるようになりました。

 

ところが転勤先の病院を探しても、同僚の紹介であったり、部長の紹介であったりして、せっかく他の病院に移っても、気遣いな状況は変わらないだろうと思われました。

 

こういう世界では、公に募集をすることも少なく、仕方ないのかと諦めていましたが、
ある時、医師専門の転職サイトがあることを知りました

 

その会社では、秘密厳守の状態で、全く自分と上下関係のない病院を探すことができます。知人の医師たちの気分を害さないように転勤する、これは最重要なことです。ですから、各アクションのタイミングや成功例などアドバイスしてもらいつつ、転勤を助けてくれる会社は大いに助けになりました。これからは、本当の自分を出して働くことができそうです。

 

器用さを生かせる仕事を探していました(男性/30代)

男性/30代

現在、小さな病院で内科医として働いています。
仕事のほとんどが、よくある普通の病気治療や加齢に伴って出てくる症状の緩和です。

 

特殊な病気が疑われる患者さんが来院したら、大病院に紹介状を出して終わりです。それも地域密着型で良いと思っていたのですが、ふと思いついて、自分の手先の器用さを医療に生かせないかと、内視鏡を学べる病院を探してみました。

 

しかし、内視鏡の医師を募集、しかも未経験のところから仕込んでくれる病院など、とても外から探して見つかるものではありません。そんな時、医師募集のサイトを見つけました。勤務時間や地域、細かい科目まで指定して検索できるので便利でした。

 

私の場合、いずれは田舎に帰って開業したいと思っていたので、似たような規模で探していたのですが、やはり内視鏡は大きな病院の方が募集が多いようです。思い切って病院を移りましたが、予想外に自分の気性に合っているようで、これならば対人関係まで学ぶことができそうだし、今から3年後の自分が楽しみです

 

よくある質問

内視鏡治療に携われる仕事につきたいのですが、どのような求人がありますか?

内視鏡を使う代表的な診療科というと、消化器内科や消化器外科などにおける胃がんや
大腸がんの検査および大腸ポリープの摘出手術などが挙げられます。

 

ですが、内視鏡を使った手術等による治療を行うのは消化器科や大腸肛門科など消化器系の診療科だけではありません。

 

たとえば、整形外科におけるヘルニアの内視鏡下手術、肝胆膵外科などの胆石手術など、
傷口を大きく開かず患者の負担を軽減できるテクニックとして多領域で用いられています。

 

近年話題の腹腔鏡手術も内視鏡手術の1種類であり、対象領域は呼吸器外科から泌尿器科、
卵巣のう腫摘出術など婦人科領域まで幅広く用いられています。

 

もちろん、専門性が高くなるほど大学病院など一部の医療機関に限られてきますので、
どの分野でどのような治療に取り組みたいのかによって、探すべき求人も異なってきます。

 

一方で、内視鏡検査などの場合は病院やクリニックに限らず、健診センターや人間ドック施設でも求人が増えています。

 

内視鏡を扱う医師として求められることはありますか?

内視鏡に携わる場合、高度なテクニックと慎重な操作が医師に求められます。

 

たとえば、大腸がん検査1つとっても、医師のテクニック次第で痛さや不快感が異なり、スムーズに検査を終えられるかが異なります。話題の腹腔鏡手術については、さらに高度なスキルや経験の高さが求められます。

 

開腹手術に比べて短期間の入院で済み、傷口もほとんど目立たず、術後の痛みも少ないメリットがありますが、
症例的にも難易度が高く難しい手術が少なくないためです。

 

内視鏡を扱う医師の募集はどのように探せばいいでしょうか?

医師専門の転職支援サイトなどに登録すると、募集が見つけやすいです。

 

サイトによっては、内視鏡といった指定条件で探せるところもありますが、その場合、
ヒットする多くが消化器系のクリニックや病院、健診センターや人間ドック関連の求人になります。

 

他の診療科で内視鏡を使った治療に携わりたいのであれば、直接、転職支援を行うコンサルタント等に相談すると、
希望に合った求人をスムーズに探してもらえます。