医師 求人 兵庫

地元で働きたかった(男性/30代)

男性/30代

私は兵庫から上京して、東京の大学に進学しました。卒業後は、地元に帰らずそのまま東京の病院で働いていました。東京の病院である程度の経験を積んでから、地元に戻ろうと考えていたのです。

 

30代になってそろそろ地元に戻ろうという気持ちが高まってきました。ですが、転職活動ために仕事を休んで兵庫まで行くわけにはいきませんでした。そこで、医師向けの求人サイトを利用することにしたのです。

 

インターネットならば、わざわざ兵庫までいかなくても簡単に仕事を探せるからです。サイトに登録して、地元の病院を色々とチェックしてみました。また、コンサルタントとコンタクトをとって、転職活動の相談にのってもらいました。

 

私の場合は在職中だったため、転職活動期間は4か月ほどかかりましたが、求人サイトのおかげで自分の希望の条件に合った仕事を見つけることができたのです。今後は、地元の医療に貢献できるように、医師としての仕事を頑張りたいと思います。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

兵庫の病院へ転職、職場見学もありました(男性/30代)

男性/30代

大学進学のために関東へ引越しをし、卒業後もしばらく近くの病院で外科医として働いていました。やりがいを感じていたのですが、ずっと関東に住むということは考えていなかったので、そろそろ地元の関西に戻ろうかと思ったのです。

 

初めての転職となりますし分からない点も多いので、医師の求人情報を扱っているサイトの担当者に相談をしました。実家暮らしもできるようにと、実家から近いところで探してもらったのですが兵庫にある総合病院での仕事が気になりました。

 

職場見学もできるということで行きましたが、実際に働いている医師や看護師、そして患者さんの姿などを見られて雰囲気がつかみやすかったです。実家からアクセスも良い場所で、通勤も苦にならないと思って面接を受けることにしました。

 

結果、実家に住むことにして通うことになったのですが、引越しの作業に差支えがないように転職を進めてくれたのです。
関東から兵庫には何度も行けませんでしたが、それでも問題ありませんでした。

 

兵庫で眼科医として再就職しました(男性/30代)

男性/30代

私は医学部を卒業したのち都内で研修しそのまま働いておりましたが、最近眼科専門医としての資格を取ったので、これを機会に職場を変えてみようと思いました。

 

私はある都内の国立大学系列の病院で働いていたのですが、充実しつつも忙しい日々でしたので自分の時間を確保できるような、それぞれの市町村にある大きめの病院で眼科専門医として働きたいと思いました。

 

元々関西の出身だったので兵庫県で職を探してみようと思い医師専門の求人サイを利用しました。そちらのエージェントの方は私のやりたいことやスキルをしっかりとヒアリングして、それに基づいて、私の希望する条件の職場を探してくれました。

 

専門のコンサルタントの方ですので、私の思ってたよりもさらに良い条件の病院を提案してくださいました

 

その後面接を受けに兵庫に行き、お互いの希望がマッチングしましたので、そこで働かせてもらっています。
眼科専門医として、満足のいく職場で感謝しております。

 

よくある質問

産科医として兵庫県にUターン転職するか迷っていますが、働く環境はいいですか?

医師としての重責と負担が重い産科医は全国的に、数の減少や不足が問題となっていますが、
兵庫県でもそれは例外ではありません。

 

そこで、兵庫県では産科医が働きやすい環境を整えるため、地域で分娩を担う産科医に対して分娩手当を支給したり、助産師による院内助産所や助産師外来の整備を支援して産科医への一極集中による負担軽減に取り組んでいます。

 

また、臨床研修終了後に産科を選択する研修医に研修医手当を支給する医療機関に助成を行うなど、
次世代を担う後進の育成にも積極的です。

 

兵庫県の医師求人の動向はどうなっていますか?

兵庫県には5000以上の医療機関があると言われていますが、地域格差が激しく、
特に日本海側の丹波エリアや西播磨の山間部や離島では医師のいない無医地区が存在しています。

 

そのため、医師の求人にも偏りがみられます。

 

地域住民からの医療ニーズは強く、丹波地方では住民が手動となって医療機関との信頼構築を行い、
小児科が消滅する危機を無駄な受診を控える活動により防止したといった活動も見られています。

 

県でも様々な施策でへき地医療をサポートしているため、医師がいない地域の求人に応募しても
極端に負担がかかることはなく、安心して地域医療に取り組めます。

 

兵庫県では特徴的な医師への支援体制はありますか?

疾患の早期発見が叫ばれる中、医師の専門化が進み、自分の分野以外は分からないといった医師も増えています。

 

そのような中で、限られた医療人材を有効活用すべく、兵庫県では総合診療ができる医師の養成をサポートしています。

 

開業医や勤務医にむけて総合診療研修を開催しているほか、開業医が公立病院や診療所で外来診療を行うオープンベッド・オープン外来の制度を設けて、地域連携による医療ネットワーク作りが進められています。

 

また、医師の確保が困難な産科や小児科、救急科や総合診療科、麻酔科については、後期研修医養成コースを県が後押しし、研修期間のうち2年間は県指定の医療機関に勤務させることで人材不足を補い、医療機関で働く医師の負担軽減に努めています。