医師 求人 年収

年収アップのために転職しました(男性/30代)

男性/30代

幼い時に、小児ぜんそくと熱性けいれんを持っていた私は、何度か入院経験があり、あまり体の丈夫な子供ではありませんでした。親にも何度も心配をかけてしまいましたが、今はとても体の丈夫な大人になりました。

 

その時に出会ったお医者さんに憧れを持ち、自分も医師となって自分の様な子供の病気を治したいと考えるようになりました。その後一生懸命に勉強をして、憧れのお医者さんとなることができました

 

特に自分の待遇等は考えず、ただ働けるだけで幸せだったので、大学卒業後も、研修医の時にお世話になった病院の勤務医としてしばらく勤務をしていました。けれども、その後に結婚をし、子供にも恵まれた中で、自分の医師としてのキャリアアップを目指したいと考えるようになりました。

 

何よりも、子供が生まれた事により、自分の年収ももう少し上げたかったからです。
転職をする為、私は医師の求人サイトを利用しました。自分の今の年収と、待遇を比較して案件を選ぶことができました

 

そして、念願の転職をすることができ、今は新天地でもどんどん子供の病気を治していきたいです。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

年収を維持しながら仕事は楽にしたい(男性/50代)

男性/50代

私は総合病院の内科医として長年勤務し、当直やオンコールにもずっと応えてきました。医師として自分が担当した患者さんが気になって仕方なく、日直でなくても土日に病棟を巡回するなど仕事にすべてをささげてきたわけです。

 

もちろん、家族旅行などもほとんどいかず、突っ走ってきました。ですが、50代も半ばになり、定年までの間は少し仕事を抑えて、家族との時間などプライベートの時間も増やしたいと考えるようになりました。そこで転職を決意したのですが、年収は維持したいという希望がありました。

 

仕事は楽になりたいけれど年収は今と変わらず、そんな求人なんてあるわけないかと思いつつも、
求人サイトを探して登録してみたのです。するとすぐにオファーが入りました

 

介護施設で常勤医を募集しているとのことですが、年収が今と100万円程度しか変わりがなかったのです。

 

ケアミックスを理念にした今人気の施設だそうで、9時17時勤務で残業なし、
主な業務は入所者の健康管理と楽な仕事なのに好待遇に驚き、すぐに転職を決めました

 

存分に親孝行できる年収を得られるようになりました(男性/20代)

男性/20代

医大に通っていた6年間は勉強だけに集中させてもらい両親には経済的な面でとてもお世話になったため、就職してからはたくさん稼いで親孝行をしようと思っていました。

 

しかし、いざ就職してみると、思ったよりも年収が低く、
勤め続けても大幅な昇給は見込めそうになかったため、転職を考えるようになったのです。

 

転職活動にあたっては、医師の転職支援サイトを利用しました。サイト内に、数百万円の年収アップに成功した方の体験談が多数掲載されていたので、このサイトのサポートを受ければ、自分も稼げるようになるかもしれないと思ったからです。

 

コンサルタントの方には、年に1800万円以上は稼ぎたいことを伝え、条件に合う求人があるかどうかを相談しました。正直なところ、僕のような新米ではそれだけのお金を稼ぐことは無理だと言われてしまうことも覚悟した上での相談でした。

 

でも、コンサルタントの方は、すぐに条件に合う求人を3つほどピックアップして来てくれたのです。
今はその中で、最も高い年収を提示してくれた病院の内科医師として勤務しています。

 

僕1人ではきっと今と同じ収入を得られるような求人を見つけることはできなかったと思うので、
医師の転職支援サイトを利用してみて良かったです。

 

よくある質問

医師の年収が高いのはどの診療科でしょうか。

一般的には内科系より外科系のほうが医師の年収は高めです。また、外科系の中でも生命へのリスクが高い疾患を扱い、手術に高度なスキルや高い集中力や慎重さを要求される脳神経外科や心臓血管外科などは年収レベルが高くなります。

 

もちろん、診療科だけでなく、医療機関の種類や規模によっても違いがでますし、
医師の経験や能力、手術の件数やこなしてきた症例などの個人の能力にも大きく左右されます。

 

さらにその診療科の医師へのニーズによっても、年収に差がでることがあります。たとえば、特定の診療科の医師が不足しており、応募者もなかなか見つからないといった場合には年収が高めに設定されて待遇をよくして求人を募るケースがあります。

 

近年では全国的に不足が懸念されている産婦人科医や小児科医などが挙げられます。

 

ハイリスク妊婦を担当できる産婦人科医や、小児救急ができる小児科医や救命医は特に重宝され、
高い待遇が期待できるケースが少なくありません。

 

年収が高い医師の求人の種類を知りたいのですが?

一般的には大学病院や規模の大きな総合病院などは、福利厚生なども充実しており、年収が高めです。

 

もっとも総合病院の場合は運営形態も様々で、自治体が運営する公立病院のなかには
財政難で予算が厳しい病院もあるため、求人を探す場合には経営の安定性なども確認する必要があります。

 

また、中小規模の病院であっても、私立の専門病院などの中には、その専門性や独自性から全国から患者が頼って訪れるところもあり、そうしたところでは経営状態がよく高い年収が期待できるケースもあります。

 

いずれにしても、本人の能力や経験が最終的には年収の決め手になります。

 

医師が年収をアップさせるためのポイントはありますか?

一番確実な方法はご自身の経験や専門性、スキルを高めることです。

 

近年は専門性や能力が高いことを証明する手段として、専門医の取得が挙げられます。

 

専門医の取得にあたっては、大学病院や大規模な総合病院など特定の研修認定施設で経験を積む必要があるので、
年収アップのためにはまず、そうした認定を受けた医療機関への転職が第一歩といえるでしょう。