医師 求人 広島

こんな簡単にキャリアアップできるなんて(男性/20代)

男性/20代

私は広島の某医療機関で5年間働いていたのですが、
自分でもよく5年も我慢したなと思うほど雇用条件面で冷遇され続けていました

 

それだけならまだ我慢もできたのですが上司のストレスのはけ口にされたり、思い切って転職しようと決意したんです。しかし何のコネも無い私がキャリアアップできる転職を実現することはやはり難しく、そんな時出会ったのが医師専門の求人情報に特化した転職支援サイトでした。

 

まず驚いたのが求人の情報量、広島エリアだけでも十分すぎるほどの情報量となっていて、
医師専門だけあって1つ1つの品質も高く見ているだけで楽しい気分になります。

 

検索する際の条件も複数指定できるので年収や雇用形態は勿論、
個人的にこだわりたかった通勤の利便性、医療機器、設備の充実度別に求人を探すことができました。

 

スタッフさんのサポート体制も万全なので仕事をしながらでも短時間かつ効率よく探せましたし、
キャリアアップできる転職がこんなに簡単に実現できるなんて夢のようです。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

母が心配で地元へ戻ることとなりました(男性/20代)

男性/20代

幼いころから医師になりたいという夢を持って、医学部に進むために大阪へ出ることとなりました。
大学を卒業も教授の紹介があり、大阪の大学病院にて働いていました。

 

しかし数年経ち、母が体調を崩すようになり心配で、地元の広島へ戻ろうと決意をしたのです。
母につきっきりである必要はない為、支障が無い程度で働きたいとも考えました。

 

その点も含めて、医師の求人サイトの担当者に話をしたのですが、本当によく話を聞いてくれたと思います。大阪も沢山働くところがあると感じていましたが、広島もそれに負けないぐらい勤め先はあるとも言われました。

 

母のことがあるので、希望の勤務時間など色々わがままも言いましたが、納得のいく形で転職を決めることができました

 

実家から近い場所が良いでしょうと、担当者も気を使ってくれましたし、私にとって働きやすい場所を的確に探してきてくれたことに感謝です。私が戻ってきてから母の体調も安定していますし、これからも働き続けたいと思います。

 

地元広島で医者として働く事になりました(男性/20代)

男性/20代

私は、元々広島県の出身です。大学入試の時にはセンター試験で失敗してしまい9割目標のところ8割五分しか取れませんでした。そのため、センターの配点の比率が大きい地元から岐阜の国立へと志望を変更し、そちらの大学に合格し入学しました。

 

私は岐阜の医大を卒業したのち、しばらく岐阜で医師として勉強してから最近地元に帰りたいという思いが強くなったので、有名な医師求人サイトを利用してみる事にしました

 

仲間内でもみんな同じ医師求人サイトを利用していて
エージェントの方がとても親身になってくれて評判が良かったので私も利用させてもらいました。

 

地元の病院でさらに私の働きたい条件を満たしているところ等見つけるのは難しいと思っていたのですが、
すぐにエージェントの方はいくつか候補を探し出してくれました

 

面接を受けるついでに実家に帰る時間も取れるようにしてくれ、非常に融通を利かせてくれる方でした。
おかげで今は地元広島で納得のいく条件で働けています。

 

よくある質問

広島県での医師ニーズはどうなっているでしょうか?

広島県の人口10万対医師数は全国19位と全国平均を上回っているものの、
県の中で医師の偏在があり医療格差が問題になっています。

 

特に山間部などの地方で医師が不足しており、広島県では医師確保を目指して、医師が不足している地域や
診療科への医師の派遣を積極的に推進するほか、県外から医師就業促進に取り組んでいます。

 

そのため、県内の方でも地域貢献を目指す方や、県外からの移住者や
Iターン、Uターン転職も医師不足の地域では大歓迎です。

 

広島県の医師求人動向に特徴はありますか?

広島県は人口10万対医師数こそ全国平均を上回っているものの、
医師がいない無医地区の多さでは全国ワースト2位となっています。

 

地方部はもちろん、県内の都市部においてすら診療科の数を減らしたり廃止する医療機関も増えており、
様々な症状を抱える患者のニーズに応えることが難しい状況が生じているのが現状です。

 

へき地医療拠点病院の医師も激減しており、医師不足が大きな課題となっています。

 

そのため、地域を問わず、医師求人が多い一方で、診療科によっては希望する診療科の募集が少ないこともあり得ます。
一方、広島県内の23市町のうち19市町が高齢化率2割りを超える超高齢社会に突入し、医療ニーズは益々増えていきます。

 

地域医療に貢献したい意欲ある方や、産婦人科や小児科など
診療科が減っている医療に積極的に取り組みたいという医師は、県内はもちろん県外からの転職も歓迎されます。

 

広島市の医療について特徴を知りたいのですが?

世界で最初の被爆地として原爆投下の歴史も踏まえ、ガンをはじめとする
5大疾病を重点にした地域医療システムの構築が推進されています。

 

医師不足を補うために県内の医大卒業生を積極的に医療機関に配置したり、プライマリ・ケア医の配置も実施されています。

 

また、広島県医師育成奨学金を通じて医大生の育成を図り、産科・小児科医療や
僻地医療に従事する次世代の人材育成にも積極的です。

 

その他、救急医療や離島を含むへき地医療、災害医療はもちろん、少子化に対応した周産期医療や小児医療、超高齢化に対応した在宅医療を含め、地域包括ケアのシステムを構築すべく、医師の人材育成と確保に力を入れている状態です。

 

そのため、県外からの医師転職者は大歓迎です。