医師 求人 探し方

インターネットを活用しよう(女性/30代)

女性/30代

医学部を出て研修医を経て、割と順調に医師として働ける環境に就けるようになりました。それでも、同じところに居続けることで、ぬるま湯に浸かっていていてはいけないと思い、30歳になってから転職活動を行うことにしたのです。

 

スキルアップのためにも、他の職場で働いてみることは良いことだと思っていました。そんな時に役だったのは、インターネットです。医師求人の専門サイトをいくつか見つけて、じっくりと募集案件を見比べてみたのです。

 

ネット上で探せるので、現職のままでも休憩時間などを利用して探すことができます。もちろん、通勤時間などの移動時間にスマートフォンからでも利用可能です。忙しい人こそ、このような探し方はお勧めだと思います。

 

いつまでに転職すればいいという期間は特に決めていなかったこともあり、じっくりと時間をかけて探すことができました。妥協することなく探せたことが良かったのだと思います。転職先はとても環境が良く、まさにスキルアップを図るには最適なところです。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

インターネットで探すのが便利(女性/30代)

女性/30代

医師の求人の探し方は、とても簡単だと思います。と言うのも、今の時代はインターネットで検索すれば、手軽にいつでも情報を探せるようになっているからです。私は仕事に就いたままで、転職活動をしたことがあります。

 

つまり、医師求人サイトを活用したのです。休憩時間や帰宅後の時間などの利用して、ちょこちょこ希望条件に合う職場をネットで探していました。応募もネットでできるので、とても楽です。気になる職場が見つかったら、そのサイトから、直接、応募することができます。

 

後は連絡待ちです。メールで連絡が来るようになっていたので、業務に支障が出ることもありませんでした。このような探し方を利用すれば、退職しなくても現職のままで転職活動ができます。今よりも良い条件の職場を希望していたので、とても助かりました。

 

医師は何かと忙しいため、なかなか業務の片手間に転職活動はできないものです。だからこそ、このような求人情報サイトがあるというのは効率的でした。そして、この探し方によって、今は以前よりも様々な条件の良い職場で働くことができています。

 

子育て支援が整った病院求人の探し方(女性/30代)

女性/30代

私は数ヶ月の産休こそいただいたものの、基本は仕事は中断せず子育てと医師の仕事を両立してきました。それができたのも、母親がそばに暮らしていたので仕事に行く際は、当直も含め面倒をみてもらえたことが大きかったです。しかし、主人の転勤で親元を離れることになり、困ったことになりました。

 

2歳の娘を抱えながら、医師としてのキャリアもあきらめたくない私は、子育て支援の整った求人を転勤先で探すことにしたのです。初めての土地で何も分からず、情報分析もできない中で助かったのが、転職支援会社でした。

 

ネットで見つけた転職支援会社のコンサルタントに相談したら、24時間保育所があり病児保育も可能、小学校入学後も子供の看護休暇制度や夏休みなど長期休みの学童保育も実施している病院の求人を紹介してもらえたのです。

 

やはり、求人の探し方はプロに任せるのに限ると思いました。
自分一人で探していては、これだけ条件が整った職場は見つからなかったと思います。

 

よくある質問

転職かダブルワークか検討中ですが、仕事が忙しいので平日以外で面接は可能ですか?

常勤医としての転職か、現在の勤務先を本業としてダブルワークをするか悩んでいるということかと思いますが、まずは現在のお勤め先で就業規則等を確認してください。私立の大学病院などは特に問題なくアルバイトや他院での非常勤が可能ですが、国立大学や県立・市立の病院の場合、国家公務員や地方公務員となるため、基本的に兼業禁止になっています。

 

兼業が可能かをしっかり確認したうえで、この先の働き方を検討しましょう。

 

また、勤務中の医師の忙しさは求人先でも分かっているため、平日の診療後の夜間や土日祝日に面談を行ってくれるケースも少なくありません。もっとも、働く環境を見たい、病院の雰囲気を確かめたいという場合には、夜間や土日祝日は閑散としていることが多く、今後、働く場のイメージが把握しづらい点がデメリットです。

 

一方で、先方の診療時間外でもあるので、面接に対応してくれる院長や
先輩医師と長く話ができる可能性があり、話をしっかり聞けるメリットはあります。

 

医師の求人が増える時期はあるでしょうか?

医師不足が常態化しているため、求人は常にコンスタントにあり、特に地方などの求人数は多いです。

 

一方、大学病院や総合病院などの大病院を中心にして、常勤医の求人を探したい場合には、4月または10月の人事異動の時期や人事体制が変更されるタイミングの前後に、退職者や離職者も出るため、欠員を埋めるための求人が増える可能性があります。

 

医師が転職するにあたり、スムーズな探し方はありますか?

忙しい医師が現職のまま転職活動をする際の探し方は、やはり、転職支援のプロを利用するのが効率的です。

 

キャリアアドバイザーやコンサルタントといったプロが相談に応じてくれ、自ら探さなくても、希望に応じた求人を探し出してくれます。

 

さらに気になる求人先の診療方針や職場環境なども細かくリサーチしてリポートしてくれたり、
面接時に経験やスキルを十分にアピールできるよう面接のアドバイスなどもしてもらえます。

 

面接でスキルや人柄がしっかり面接官に伝わるよう、キャリアアドバイザーが同席して
面接を受けられるなどサポート体制が期待できます。