医師 求人 新潟

生まれ故郷の新潟の求人を紹介していただきました。(男性/30代)

男性/30代

卒業後大学の医局で6年間勤務しました。在学中お世話になった教授への恩返しと思い医局勤務を続けていましたが、このたびお世話になった教授が定年退官され、この機に医局から離れて自分の力を試してみたいと思うようになったのです。

 

生まれ育った故郷である新潟にいずれは戻ろうと決めていたので、良いきっかけだとも思いました。それで、医師転職支援サービスのエージェントに、新潟で週4日常勤の外科医求人を探していただくよう、お願いしたのです。

 

2次救急病院でもOKですが、夜勤は週1回が限度という条件も付けました。収入面やその他待遇面についてエージェントと何度か会って打ち合わせしたことにより、自分の希望する条件を整理できました。

 

条件決定から1ヶ月で、希望条件を全面的に受け入れてくれる勤務先を紹介していただいたのです。
勤務中の医局と良い関係を保ちつつ転職するアドバイスをエージェントから受けながら、無事転職し現在に至っています。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

地元で働きたかった(女性/30代)

女性/30代

医師になってからは都会の生活に憧れ、東京に出てしまった私ですが、年齢を重ねるうちに考えが変わってきました。30代になってからというもの、田舎の両親のことが心配になってきたのです。

 

一人娘ということもあり、いずれは田舎に帰って両親の面倒を見ながら働きたいと思うようになりました。そこで、医師向けの求人サイトで、故郷新潟の情報を見てみることにしたのです。

 

自宅付近で医師の求人があれば、そちらで働けるようにしたいと思いました。

 

このような時にサイトを活用できるのは、とても便利です。東京に居ながらにして、新潟の求人を探せます。いろいろなサイトを活用してみたところ、自宅から通いやすいところで募集を見つけることができました。

 

東京に居るうちに応募して、面接はもちろん新潟に行かなくてはなりませんでしたが、すぐに採用が決まって良かったです。

 

スムーズに転職ができました。今は実家からその病院に通っています。
通勤も楽ですし、両親とまた暮らせるようになって、親孝行もできていると思います。

 

地元で医師として再スタートを切りました(男性/30代)

男性/30代

元々東京都の病院に勤めていたのですが、両親が高齢で自分が一人っ子ということもあり、
実家である新潟へ戻り転職をしようとした時の話です。

 

正直田舎で再就職となると、なかなか自分にあった条件でお仕事を探すのは一苦労です。

 

医者となるとその病院の定員数などがあるので、最悪医者以外の仕事を考慮する覚悟で探そうと思っていました。しかし、そんな心配もなく、病院の求人は意外とあったのです。

 

特に新潟市から離れた地域では医師が少なく、県立や市立の病院ですら医師不足という現状でした。

 

特にその地域ではお年寄りの数が多いので、病院の利用者数が多いのです。どのような方法で地元の医療系の求人を探したかというと、医者専用の転職サイトを利用しました。このサイトは全国版となっていて、様々な地域で求人を探すことができます。

 

また、自分の専門科から検索することもできるので、非常に便利です。
私は、実家からも通いやすく、自分の専門科がある県立の総合病院へ無事転職することができました。

 

しばらくここで医師としての実力をつけ、いずれは自宅兼個人医院として開業を目指しています。

 

よくある質問

新潟県では医師を目指す医学生や女性医師へのサポートはあるでしょうか?

新潟県では医師不足を解消すべき、将来、新潟県内で地域医療を担う意欲を持つ
医学生に修学資金を貸与する制度を用意しています。

 

また、医学部の1年生から5年生に対して、将来地域で就職したいと考えてもらえるよう、
新潟県内の臨床研修病院の見学会や実習会を行っています。

 

地元出身者はもちろん、県外出身の方も参加できるので、新潟県の医療機関の現状を知り、
働きやすい職場かを確認する良い機会となっています。

 

新潟県卒後臨床研修合同ガイダンスも実施されているので、臨床研修の場を選ぶうえで参加されるといいでしょう。

 

新潟県では女性医師はもちろん、将来の女医を目指す女子医学生をサポートするための新潟県女性医師ネットを用意しています。

 

結婚や出産をしても勤務を継続するためのサポートや、再就業・復職などに関する相談窓口を設け、
女子医学生の将来の不安を解消すべく、現役の女性医師が相談に応じてくれます。

 

新潟県の医師の求人動向と働きやすさを教えてほしいのですが?

新潟県の人口10万人対医師数は全国43位と、深刻な医師不足となっています。

 

そのため求人数は非常に多く多彩である一方、市街地から離れた地域ほど求人を出しても充足されない状態があります。
そのため、地域貢献を目指して、ニーズの高い求人に応募してみるのもおすすめです。

 

新潟県では地方での医師不足解消を目指すべく、地域の医療ネットワーク作りを積極的に推進しています。規模の大きな6病院を地域医療支援病院として、地域の医療機関との役割分担と連携を図り、地域の医療機関の負担軽減を図っています。

 

紹介患者に対して医療提供を行うのはもちろん、病床や医療機器の共同利用や地域の医師への研修も行ってくれるので、
へき地の小さな医療機関で働くことが医師のキャリアにデメリットになることもありません。

 

新潟県にIターン転職を考えていますが、暮らしやすいですか?

新潟県は東京と新幹線で1時間半から2時間で結ばれており、
大阪にも新潟空港から約3時間でアクセスできるので、関東方面、関西方面からのIターン転職者が少なくありません。

 

雪国ではありますが、その分、スキーが楽しめるなど都心ではできない体験ができ、
医師としての体力作りやリフレッシュにも役立ちます。