医師 求人 栃木

地方で学んでこいと出された(男性/30代)

男性/30代

父の病院で働いていた私は、そのまま自然と後を継ぐことになると思っていました。
実家が病院なので、医師になってからは気楽に思っていたのです。

 

しかし、ある時、父にこんなことを言われてしまいました。「ここに居たら勉強にならないから、地方で学んでこい」ということでした。何となく、父の気持ちも分かります。このまま、ぬるま湯に浸かっていては、私のためにもならないと思うのです。

 

しかも、私の住んでいる東京は都会です。地方の病院はいろいろと事情が違っているかもしれません。だからこそ、いろいろなところを見て学んでくることは社会勉強としても良いことだと思いました。

 

求人情報サイトを活用したことで、栃木の医師求人情報を収集することができました。
同じ関東でも、栃木は田舎のイメージがあったことから、今の環境とはだいぶ違っているかもしれません。

 

その病院に勤務するには、当然、家を出ることになります。初めての一人暮らしという点も、勉強になるはずです。こうして私は、現在、栃木の病院で働いています。父が言うとおり、何から何まで今までとは変わりました。とても勉強になっています。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

祖母の介護が必要になり実家へ戻る(女性/30代)

女性/30代

大学を卒業して、系列の病院で内科医として数年間勤務をしていました。しかし祖母の介護が必要になり、家族全員で交代して面倒を見ないかという話になったのです。私は1人暮らしをしていましたが、地元の栃木に帰ることにしました。

 

実家に帰ってからも仕事を続けたいと思い、医師の求人サイトにて仕事がないか調べてみました。自身で希望条件などを入力して探すこともできますし、コンサルタントに話をして紹介をしてもらっても良いとのことです。

 

栃木といってもかなりの数があったので、コンサルタントにいくつか候補を絞ってもらいました
内科医として働きやすい場所ですとか、経験を活かすことができる医院などを教わることができたのです。

 

祖母の介護もありますが、決まった曜日だけ出勤をするようにして、家族を助けられるようにもしました。外来のみなのでおおよそ帰宅できる時間も予測がつきますし、今までのように内科医として働き続けることができるのは幸いです。

 

医師の求人サイトを活用したみた(女性/30代)

女性/30代

両親が医師だったので幼いころから自然と自分もなりたいと思うようになっていました。大学を卒業して系列の病院で内科医として勤務してしていましたが、もっと成長して地元の栃木で勤務したいと考えるようになっていた時に先輩から医師の求人サイトを教えてもらったのがきっかけでした

 

勤務時間帯や休日、勤務場所など最初は希望が通るのか不安でした。それは、仕事も大事ですがプライベートも充実させたいという気持ちがあったからです。しかし、コンサルタントの方が自分のことのように親身になってくださりました。

 

私の希望の条件のところがあると連絡くださり、
おかげで仕事もプライベートも両立できる病院に勤務することができました。

 

人それぞれ働き方の希望があり、それを自分で探すのは限界がありますので
医師の求人サイトはお勧めしたいと思います

 

今後、結婚した際に働き方のスタイルが変わってくると思うので、その時はまたお世話になろうと思っています。

 

よくある質問

栃木県の医師の状況やニーズはどうなっていますか?

栃木県の人口10万対医師数は全国30位と医師不足が深刻です。

 

さらに病院の数も少なく、人口10万対病院数は栃木県が全国38位という状況です。
医師数が不足しているため、地域のニーズがあっても新たな病院も作れないという現実があります。

 

特に救急医や産科・小児科では医師不足が大きな問題となっています。

 

これらの診療科では医師の求人があっても応募者が少なく、定員の充足ができない状態が続いているのです。そのため、特に救急医や産科医や小児科医の方は栃木県の求人に応募すれば、地域に歓迎され地域医療に貢献ができます。

 

栃木は医師不足と聞きましたが、求人に応募して働く上で負担がかかるでしょうか?

栃木県は人口10万対医師数が全国30位、人口10万対病院数が全国38位と医師数も病院数も足りていません。

 

特に病院の救急医療の現場では医師不足の影響が顕著に表れています。
救急医の求人を出しても、応募者が少なく充足されない状態が続いているのです。

 

医師不足によって救急医療機関が減少したり、1つの救急センターに搬送される患者数が増加しており、医師1人の負担が増大しています。医師不足を解消し、求人への応募を増やすべく、栃木県でも対策を推進しています。

 

県内を10の救急医療圏に分けて連携体制を整備したり、県民に対して不要な救急受診を行わないよう、
リーフレットなどを作成して啓もう活動をしています。

 

次第に働きやすい環境が整いつつありますので、医師不足で困る栃木県を支援すべく転職を検討してみるといいかもしれません。ニーズが高いので好条件、高年収での雇用が期待できます。

 

栃木県にIターン転職しようかと思っていますが、家族で引っ越すのに向いていますか?

栃木県は宇都宮駅から東京まで新幹線で1時間かからず、
宇都宮をはじめ小山などから東京へ通勤している方も少なくありません。

 

都心に近いので学会への参加や帰省、家族でのレジャーにも便利です。

 

また、栃木県内には日光や鬼怒川温泉などの名所もあるほか、宇都宮は餃子の街として知られるなど話題を集めています。
大学進学率の高い県立高校や私立高校もそろっているので、お子様の教育にも問題はありません。