医師 求人 沖縄

沖縄だからできる病院(女性/30代)

女性/30代

私は数年前まで東京の病院で働いていました。かなり大きな病院で、1日の来客数が数千人と毎日が忙しかったです。連休がとれた時に、沖縄にいったのですが街全体がゆっくりとした空間だった事に憧れを抱いて、沖縄に移住することにしたのです。

 

そして、医師の求人募集を探していると、本土から離れた離島で医師を募集していました。私は離島での仕事を決意したのですが、実際に病院に着いて驚きを隠せませんでした。その理由は、ドラマのように医療用の器具が何もない状態だったのです。

 

私は知人に頼んで、都会から必要な分だけ器具を取り寄せました。働いてわかったことは、村のみんながとても優しくすぐに友達になりました。医師である私の元には、村の人達が多くやってきます。診察してもらいに来る人や、ただただ話をしに来る人等とても賑やかです。

 

しかし、この賑やかな状況は病院としてはとてもいいことだと思いました。
明るい雰囲気はとても大切で、暗い話題が多い病院には必要不可欠なことなのです。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

ゆとりが欲しくて沖縄移住(男性/40代)

男性/40代

長時間勤務のオーバーワークに頻繁に入るオンコール、医師としてはやりがいを感じるものの、子供がまだ小学校低学年なのに家族との時間が持てず、このままでいいのかという思いを抱いていました。

 

妻にもすぐに大きくなってしまうから、子供との時間を大切にするなら今じゃないと言われ、もう少し時間のゆとりが欲しいと転職を考えました。

 

そんな折、久々に子供と話をしたところ、僕が仕事で行けずに妻と子供が2人だけで夏休みの旅行に行った沖縄がとても楽しく、また行きたいと言われたのです。そこでピンと来ました。

 

沖縄に移住して転職をしようと閃いた私は、早速、求人サイトに登録してコンサルタントに相談してみたのです。離島こそ医師不足があるものの、那覇市など本当エリアは比較的、医療機関も充実しており、全国から移住してくるので若手の医師が多い活気のある職場だと言われました。

 

私のキャリアが生かせる求人を紹介してもらい、家探しのアドバイスまでしていただけ、
今は家族でゆとりある生活を送れています。

 

沖縄で医師として働く(女性/20代)

女性/20代

沖縄では医療関係の仕事の人手が足りていません。私は沖縄のためになることがしたい、という思いから医師になることを決めました。私が小さい頃、夜中に熱が出てしまい母に救急の病院に連れて行ってもらったことがあります。

 

その病院は総合病院でまあまあ広いのですが、救急は夜中だと言うのに混んでいて、そこでは苦しそうにしている人たちばかりでした。私はその光景がなかなか頭から離れず、医師になって少しでも多くの人の力になれたらとその時思いました。

 

そして、就活の時期になり求人サイトで募集している病院を探したところ、たくさんの数の病院が出てきました。正直、あまりの数でどこがいいのか分かりませんでしたが、専門の方にお願いしたところ数ある病院の中から私にぴったりの病院を探してくれ、おすすめしてくれました。今でもそこで働いていますが、働きやすく周りの人にも最近イキイキしてるね、などと言われます。

 

自分にあった職場でストレスなく働くことができ、楽しくもあり刺激的な毎日です
今日も少しでも多くの患者と向き合いたいです。

 

よくある質問

沖縄の医師求人はスムーズに採用が見込めますか?

地方では医師不足に悩まされている県も多く、そうした地域では引く手あまたな状況があります。
沖縄は日本の南端にある小さな県であり、一見すると医師不足が深刻で採用確率も高いと思われがちです。

 

ですが、実際には若手の医師が多く活躍しており、人口に対する医師の数も全国平均を上回り、医師不足が顕在化している地域には当てはまりません。これは若い医師を中心に沖縄の風土に憧れて、移住してくる方が多いためです。

 

もっとも、このことは求人が少ないことと直結してはいません。

 

移住者も多く若い人を中心に人口が増える一方、国内外からの観光客も多く、旅行中に病気やケガ、事故等で医療機関を受診する人も多いので、医師の求人はコンスタントにあり、新規開業のクリニック等の求人も多数見込めます。

 

沖縄で医師として働く場合の特徴を知りたいのですが?

沖縄の診療所や総合病院などで働く場合には、沖縄の特徴として離島や僻地医療という特徴を踏まえなければなりません。

 

離島では子供から高齢者まで、病気からケガまでオールマイティに診療できる手腕が要求されるとともに、
ドクターヘリやジェット船などを通じて本島の医療機関と連携するなど適切な判断力やフットワークの軽さも要求されます。

 

また、沖縄には米軍基地があり、もともと国際色が豊かであるのに加えて、
国内外からの観光客も多く、グローバルな色合いが濃い地域です。

 

地域で暮らす方はもちろん、旅行中にケガや病気で来院する人も多いので、国際的なコミュニケーション力も求められます。

 

医師の場合、英語やドイツ語に長けている方は多いですが、読み書きだけでなく、
患者に分かりやすく説明し、不安を取り除く会話力が求められます。

 

求人に応募する際には、中国語や韓国語、その他の言語に強いこともアピール材料になります。

 

沖縄の医師求人にはどんな種類がありますか?

沖縄では市街地を中心に医療設備やヘリポートなども設置された大規模な総合病院があるほか、
診療所やクリニックの数も増える傾向にあります。

 

若者や中高年の早期リタイア層などを中心に移住者が増えていることで、新規開業をするクリニックも多いためです。