医師 求人 神奈川

ブランクがあっても再就職に成功しました(女性/40代)

女性/40代

結婚する前まで、現役の医師としてバリバリと働いていましたが、結婚に伴っての転居で退職しました。

 

その後、出産もあり暫く子育てに専念していましたが、子供もある程度大きくなって育児もひと段落しました。そんな中で、私が医師として働いている姿を子供にも見せてやりたいと考え、それに対して夫も背中を押してくれたので再就職することを決意しました。

 

自分自身、数年のブランクがあったのと、現在住んでいる場所での求人があるか不安でしたので、今の居住エリアである神奈川県の医師求人に特化したサイトを利用しました。独身時代と違い、家庭と育児、仕事のバランスを上手に取りながら仕事をしなければいけないので、フルタイムではなくパートタイムとしての勤務を希望していました。

 

ですが、サイトの豊富な案件数から、自分の働きたい条件に合う病院を見つける事ができ、再就職をすることができました。
以前よりも勿論忙しい日々になりましたが、とても充実した毎日が送れています。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

住み慣れていたところに戻った(女性/40代)

女性/40代

医師として働くようになってからは、ずっと東京に住んでいます。しかし、子どもの頃から大学まで住み慣れていたのは神奈川です。いずれ、住み慣れていた地域に戻りたいという希望はずっと持っていました。

 

ある時、友人から、医療関係の専門求人サイトを活用してみてはどうだろう、ということを言われました。年齢的にも、転職をするのなら、今が最後のチャンスかもしれません。

 

ぜひとも、今度は神奈川で勤務先を探してみたいと思いました。医師の求人サイトはとても見やすく、希望勤務地からも検索できるようになっています。そのため、実家から近い場所で探すこともできました。贅沢は言いません。

 

ある程度の通勤時間はかかったとしても、実家から通えるのは好都合だと思いました。そんな医師求人サイトのおかげで、現在、実家から勤務地に通うことができています。実家を出てから十年以上は経っていましたが、やはり、住み慣れた神奈川は居心地が良く、勤務先も環境がいいので、転職して正解だったと思います

 

子育てからの復帰もスムーズでした(女性/30代)

女性/30代

私は内科医として総合病院で働いていましたが、妊娠を機に退職し2年ほど子育てに専念してきました。もっとも、医師としてのキャリアをあきらめたわけではなく、子育てに慣れてきた段階で週に数回でも働きたいと考え、住まいがある神奈川で求人活動を始めたのです。

 

とはいえ、これまで専業主婦でしたので働く先が見つからないと保育所の優先度は低そうです。子供を抱えながらではやはり無理かなと思ったものの、子育てしながらも働けるという広告を見つけて転職支援サイトに登録してみたのです。

 

すると驚くほどスムーズに、希望にピッタリの求人が見つかりました。

 

女性専用の検診センターの求人で問診や検診結果の説明が主な仕事です。
週1回から午前または午後のみでもいいという、ワークスタイルが極めて自由な職場で託児所付きというのが最高です。

 

週に2回、1日単位で働き始めましたが、私と同じように子育て中の女医が多く、乳腺外科医や放射線医などとママともになれ、
子育てと仕事との両立について話ができるのも心強いです。

 

よくある質問

神奈川県における医師ニーズは充足しているのでしょうか?

神奈川県というと東京と共に首都圏を構成し、国際都市の横浜や横須賀などを有し、東京のベッドタウンとしてはもちろん、
みなとみらいなど横浜地区を中心に企業も多く発展した地域というイメージが強いと思います。

 

そのため、医師も充足しており、求人も人気でなかなか転職が難しいのではと思われる方が少なくありません。

 

確かに横浜などの都市部では医療環境も充実していますが、地域格差が大きく、
人口10万対病院数は全国で最低レベルの状態です。

 

神奈川県は温泉地として有名な箱根や、蒲鉾で名高い小田原、湘南などの海岸地域から丹沢などの山間部、米軍基地などもある厚木など多彩な地域で構成されており、商業地区から観光地、農村や漁業地域など環境も様々で、医療機関や医師の数も地域ごとに格差が生じています。

 

地域の高齢化も問題になっており、在宅医療を担う医師へのニーズは非常に高いものがあります。

 

一方で都市部においても、ファミリー層の人口が多くなる一方、待機児童の問題と共に、小児科医不足やハイリスク妊婦などを担う周産期医療の現場での産婦人科医や救急医不足が懸念されており、医師へのニーズは依然として高いです。

 

神奈川県では女性医師でも働きやすい求人はあるでしょうか?

東京へのアクセスもよく、教育環境と自然環境も充実する神奈川県で子育てをしたいと望むファミリー世代は少なくありません。

 

都市部や環境のいい海岸エリアを中心に人口流入が続いています。

 

横浜市などでは待機児童ゼロを目指した施策が実施されていますが、神奈川県では医療従事者の確保を目的に、院内保育所の運営等などの支援制度や、労働環境の改善を目的とした研修事業も行っており、少しずつですが女性医師がより働きやすい職場の求人が増えています。

 

家族を伴い神奈川県での転職を考えていますが、どのあたりが環境がいいですか?

神奈川県は地域によって環境が多彩な地域です。

 

横浜市や川崎市は東京のベッドタウンであるとともに、その地域だけで大きな経済都市を構成し、
大学病院や規模の大きな総合病院も多数あります。

 

一方、相模原市や海老名市、平塚市は住宅街が広がり、市民病院など総合病院やクリニックが目立ちます。

 

箱根、小田原エリアは山間部で緑が豊か、茅ヶ崎や藤沢、鎌倉、横須賀エリアは海岸沿い共に観光地としても人気です。