医師 求人 精神科

うつ病になった人が多いからこそ選択した(男性/40代)

男性/40代

私の周りにはうつ病になった人が多く、以前からどうにかできないかと思っていました。
医師になってからは、すぐに精神科勤務になることを決めました

 

やはり、身近な人たちはもちろんのこと、たくさんのうつ病患者を助けたいと思ったからです。しかし、勤めていた病院が吸収合併されることになり、私は職を失ってしまいました。つまり、リストラです。

 

それに、これまで働いていた病院は風習が合わず、ちょっとやりにくさを感じていました。
私自身がうつ病になってしまいそうな感じだったのです。

 

そこで、医師向けの求人サイトを使って、精神科の募集がないかどうか調べてみることにしたのです。世間的にも、うつ病患者が増えていることもあり、その他の心の病気も増えてきていることもあり、医師の求人はたくさんありました。

 

そして、見つけた精神科の求人は、これまでとは違ってとても環境のいいところだったのです。
私もリラックスして診療することができています。訪れる患者さんたちを一人でも多く、救ってあげたいです。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

信頼と知名度アップを図るために(女性/40代)

女性/40代

私は2年ほど前に独立開業して、都心で精神科クリニックを運営しております。

 

その前は地方にある大学病院で経験を積んできました。近年はうつ病患者の増加やプチ鬱など、比較的症状が軽い方も気軽に精神科を受診されるようになったことで、来院数もそれなりにあり、非常勤の医師も2名雇っています。

 

もっとも、さらに顧客の信頼を得るため、地域での箔をつけたいと思うようになりました。

 

そこで、近隣で名高い病院で週に何度か働くことができないかと、求人サイトに登録しコンサルタントに相談してみたのです

 

私の話をしっかり聞いてくれ、スピーディーに希望に沿った求人を探し出してくれました。有名な大学病院の精神科で週に2回非常勤で働けるというものです。割り当ても1日はちょうどクリニックの休診日にあたり、スムーズに働けそうです。

 

クリニックの経歴に地域で名高い大学病院での診療経歴が加わったせいか、
より来院数が増えるようになり、よい求人が見つけられたと感謝しています。

 

引っ越しして精神科で働く事になりました(男性/30代)

男性/30代

私は、千葉の国立大学の医学部を卒業しています。この大学は、入るのが非常に難しかったですが、入ってからもさらに難しい授業が続き卒業するころには疲れてしまっていました。しかし、それでも念願の医者になることができたので、とても喜んで数年間都内の精神科で働いていました。

 

しかし、この度嫁の実家に引っ越しをすることになりました。嫁の実家も医者で開業しているので、私はその後を継ぐことになったのです。しかし、まだ嫁の両親は健在ですので、私は週に三回程度、他の精神科にアルバイトに行くことにしました。その際に医師の求人サイトを利用させてもらいました

 

嫁の実家で働くのがメインですので、その合間を縫って働く形になるので、条件に合う職場が見つかるか不安だったのですが、エージェントの方が親身になって相談に乗ってくださったおかげですぐに候補となる精神科が見つかりました

 

そこで今週に二回働いているのですが、とても働きやすい環境で大変満足しています。

 

よくある質問

精神科というと何となく暗いイメージがあるのですが、やりがいはありますか?

精神を病む人が訪れる場所であり、確かに昔は社会から偏見を持たれることがあったのも確かです。

 

ですが、ストレスの多い時代となり、子供の登校拒否から大人の当社拒否まで身近なところでメンタルヘルスの問題が取りざたされるようになり、パニック障害や災害や事故に伴うPTSDの問題など精神科領域に関わる症状もより一般的に認識され、理解されるようになっています。

 

特別な人に起こるものではなく、誰もが精神的に病む可能性があることが理解されているので、
現在では精神科は隠れていくような場所ではなくなり、より開かれた安心できる場所となっているのです。

 

自殺や自傷行為などのリスクが高い患者を診療するケースも多いので医師としてはプレッシャーもありますが、
無事に社会復帰を果たしたり、少しずつ笑顔を取り戻す患者さんやご家族の姿を見ることはやりがいに繋がります。

 

精神科医の求人の動向はどのようになっていますか?

精神科医の求人は増加傾向にあります。

 

社会的にも老若男女問わず、メンタルヘルスに問題を抱える人が増えているためです。

 

かつては重度の精神疾患や先天的な知的障害などを抱える方が訪れる科でしたが、今ではちょっと心が重いといった方や、
普段は元気なのに会社に行けないなど隠れ鬱などの方も気軽に訪れるようになっています。

 

そのため、軽度な方も含め患者数が増加傾向にあり、精神科医のニーズも高まっているのです。

 

近年の精神科の特徴はどのようになっていますか?

かつての精神科といえば先天性の知的障がい者や重度疾患者が治療に訪れたり、
強制的に措置入院をする場というイメージが先行していました。

 

現在では軽度な方も含め、幅広い方が気軽に訪れる科となってきており、かつ、精神科が対象とする領域も拡大傾向にあります。

 

発達障がいにはじまり、登校拒否などをするお子さんから、会社の人間関係や職場でストレスを抱えたビジネスマン、育児ストレスを抱える主婦、さらに、やりがいの喪失や身体能力の低下、大切な人を亡くしたこと等がキッカケで起こる老人性うつや、認知症による問題行動まで精神科医がケアにあたっています。