医師 求人 透析

医師転職求人支援サービスに透析医の職を紹介していただきました(男性/40代)

男性/40代

大学を卒業して以来10数年間、主に循環器領域を専門に扱う内科医として勤務してきました。
心筋梗塞や心不全等の循環器疾患については自信があります。

 

循環器疾患は急性期医療と深い関わり合いがあり、特に心筋梗塞や心不全については救急搬送される患者が大半です。24時間不眠で救急搬送に対応するということも珍しくなく、治療方法についても化学療法の最新事情に常に通じている必要があります。

 

カテーテルやエコーは日常的に使用しますから、技量は向上するものの、
より高いレベルで治療に当たるためには、常に技術の研鑽が要求される毎日です。

 

そんな毎日を送っている時に、私自身が軽い脳梗塞になってしまいました。

 

化学療法により1週間ほどで全回復しましたが、しばらくそれほど緊急性の高くない診療科で働きたいと考え、医師転職求人支援サービスに登録したのです。自宅近くで透析医の求人を紹介され、条件についてはこちらの要望を求人支援サービス会社が間に入って調整してくださり、非常にスムーズに転職できました。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

収入アップのため透析クリニックでアルバイトを始めました(男性/40代)

男性/40代

息子が私と同じ道を目指したいと言い出し、春から医学部に通うことになりました。
私立なのでお金もかかります。

 

住宅ローンの返済もあるなか、勤務医の私としては、もう少し経済的なゆとりが欲しいと考えるようになり、アルバイトを探すことにしました。病院に勤務しつつ、働けるところがあるだろうかと考え、求人サイトをチェックしたところ、透析専門のクリニックが目にとまりました。

 

今時の透析専門クリニックは土日や祝日、夜間も開院しているようで、開院時間が長い分、スポット勤務やアルバイトの募集がかなりあったのです。地域や勤務日を絞って検索したところ、自宅と勤務先の途中にあるクリニックを見つけました。病院が休日の日曜の半日と、平日の勤務後の夜に一度4時間ほど働くことで折り合いが付きました。

 

医師のアルバイトというのは1回の報酬がそれなりに高いので、かなり助けられます。
これで無事にこれから6年間も続く医学部の学費も払ってあげられそうです。

 

在宅透析をサポートする病院への転職(男性/40代)

男性/40代

これまで透析専門のクリニックで毎日患者さんを診てきましたが、つくづく大変な治療だと感じます。1日おきに通っては何時間もベッドで時間を費やさねばならず、仕事や家事もままなりません。

 

一方、高齢になると通院もままならなくなり、介助するご家族も大変です。そんな中、注目しているのがHHDです。自宅で治療ができる方法ですが、残念ながら当院では導入していません。

 

HHDに積極的に取り組む医療機関で働きたいと考え、
医師求人を探したところ巡り合ったのが、高齢者住宅併設型の病院だったのです。

 

在宅透析ができる環境が整った住宅のため、自宅や他の高齢者住宅ではHDDが難しい患者さんが集まっていて、入居者の大半がHDD対象者です。転職した私の仕事は看護師や介護士とチームを組んで、HDDのトレーニングから緊急対応、定期的な往診を行うことでした。

 

リラックスできる空間で透析が受けられ、いつでも医師やスタッフのサポートが受けられるので、どの入居者も安心のようです。
笑顔の患者さんと接することができ、転職してよかったです。

 

よくある質問

透析専門のクリニックなら当直はないでしょうか?

透析専門のクリニックで入院施設などを持たず、外来のみであれば基本的に当直はありません。

 

ただし、近年の透析専門のクリニックの特徴として夜遅くまで開院していたり、土日や祝日も開院するクリニックが増えています。

 

これは週に3回程度、長時間の透析を受けなければならない患者さんが仕事や家庭と両立しながら
スムーズに日常生活を送れるよう、仕事を終えてからや仕事のない休日に受けられるよう配慮しているものです。

 

そのため、医師についても夜勤はなくとも、夜のシフトがあったり、土日祝日出勤のシフトがあるケースもあります。

 

透析の医師求人の特徴を知りたいのですが?

大学病院や総合病院や腎臓内科専門のクリニックをはじめ、近年では透析専門のクリニックなどの求人が増加傾向にあります。

 

透析を受ける患者さんは2日に1度程度の割合で、1回4時間程度にも及ぶ治療を受けなければなりません。
継続的に時間を費やす必要があり、仕事や日常生活に支障を来すケースも少なくありません。

 

こうした状況を少しでも改善しようと、仕事が終わってから夜の時間に受けられるクリニックや、
土日祝日にも実施するクリニックが増加傾向にあります。

 

開院時間が長く透析が受けやすいクリニックほど、患者さんからも人気が出て多くの方が通ってきます。
そのため、自ずと医師の求人も増えてきます。

 

常勤医師のほか、夜間や土日祝日、または週に1回数時間からでも
スポット的に入れる非常勤やアルバイトの求人も多くなっています。

 

透析医はどのような業務を担っているのでしょうか?

透析実施中は看護師等に任せることが多いですが、透析終了後に体調不良を訴える患者さんも多いので、透析実施前後の診察や一人一人の透析スケジュールのチェックを行ったり、心臓合併症など合併症の予防管理が必要になります。

 

食事に大きな制限を受けるため、食生活の指導や栄養管理も重要になってきます。

 

継続的な透析治療により精神的にストレスを抱える患者さんも多いため、
よく話を聞いてあげたり、カウンセリングをしたりとメンタルヘルスケアも欠かせません。