医師 求人 長崎

実家のある長崎で医師として働く為、求人サイトを活用しました(男性/40代)

男性/40代

故郷の長崎を離れ、関西にある大学の医学部へ入学してから、20年近い歳月が流れました。卒業後は大阪府内にある病院で、長らく医師として勤めていたのですが、突然父が帰らぬ人となってしまったのです。

 

残された母を一人放っておくのも忍びないので、大阪へ引越し私達家族と一緒に暮らす事を奨めたのですが、頑として首を縦に振りません。家族と話し合った結果、私達家族が思い切って実家近くに引越す事に決めたのです。

 

今後も医師として働き続けたいという気持ちがあったものですから、求人サイトに登録して新しい職場を見つける事にしました。日中は仕事で忙しく、夜は心身共に疲弊している為、転職活動にさく時間が殆どありません。

 

求人サイトには、医師の転職を徹底的にサポートしてくれるコンサルタントが在籍しています。私にも専属のコンサルタントが就いて下さり、長崎市内にある実家に近い医療機関で働きたい旨伝えたところ、待遇の良い求人案件を紹介して下さいました。

 

無事に内定を頂いた事もあり、思い切って家族の生活拠点を長崎に移したところ、
母も喜んでくれたので転職して良かったなぁとホッとしています。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

慣れない土地でも安心でした(女性/30代)

女性/30代

主人の仕事の都合で長崎へ引越しをすることとなり、私は転職をすることになりました。私は独身時代より、医師として働いています。初めて暮らす土地で地理も分かりませんでしたが、医師専門の求人サイトを利用したことでスムーズに転職が決まりました。

 

新居は少し前から決まっていたのですが、そこから通いやすい場所を探してもらったのです。片道30分ほどで通勤ができますし、急行などが停車する駅が最寄りの医院なので、電車通勤も正直楽だなと思いました。

 

そして最寄駅で降りてから、徒歩7分ほどの距離で歩いていくことも苦になりません。
初めての土地ですので、良ければ面接に同行しましょうかと言ってくださったことも感謝しています

 

緊張していましたが、医院につくまでにはコンサルタントと話をして緊張がほぐれ、自身をしっかりとアピールできた面接だったと思います。簡単な研修もあって、何も分からず放り出される職場ではないという点も気に入っています。

 

スキルアップがしたく再就職しました(女性/30代)

女性/30代

私は大学卒業後に内科の研修医として勤務していました。上を目指しスキルアップしたいと思うようになり、先輩に相談したところ医師の専門求人サイトがあることを教えてもらい登録しました

 

地元の長崎で自分が理想としている病院に再就職できるか不安でしたが、コンサルタントの方が親身になって相談にのってくれて心強い味方でした。勤務地域、勤務体制、時間帯、休日の希望に合うところが4つあり、その中で第一希望の今の病院で働くことができています。

 

採用となったときは、コンサルタントの方が自分のことのように喜んでくださったのが凄く嬉しかったですし、自分は一人じゃないんだと安心した気持ちになりました。

 

仕事も私生活も大切にしたいと思うのは医師も同じなので、結婚や出産で働き方のスタイルが変わって
悩んでいる方がいましたら専門の求人サイトに登録してみてはいかがでしょうか

 

きっと、あなたの希望に近づけるような勤務先を探してくれるはずです。

 

よくある質問

長崎ではどのような医師が活躍していますか?

長崎県で活躍する医師の平均年齢は51.2歳となっており、これは九州地方のなかでは最も高い年齢となっています。

 

つまり、ベテラン医師が多いことを意味しており、次世代を担う若い人材へのニーズが高いという側面と、
若い世代にとってはベテラン医師の豊富な経験とノウハウのもとで指導を受けられ、経験を積めるメリットがあります。

 

また、長崎県は離島数が日本一多いことで知られており、離島で単身勤務したり、
ドクターヘリに乗りこんでへき地医療に活躍する医師や多いのが特徴です。

 

長崎の医師求人にはどのような種類がありますか?

長崎県には大学病院や総合病院もありますが、診療所が1,400ほどあり、
人口10万人に対する診療所数は99.9施設と九州地方では最も多くなっています。

 

つまり、地域密着型で患者との距離が近い診療所やクリニックの求人も多く、
お子さんから高齢者まで地元の方と向き合いながら診療ができる環境があります。

 

一方、大学病院や市立病院などの大規模病院では、県主導の保育サポートシステムが推進されています。

 

これは出産や育児で退職した女医でも職場復帰をスムーズにする制度で、
このシステムがある病院の求人は女性に人気が高まっています。

 

また、離島の診療所や僻地医療を拡大する目的での求人も増加傾向にあり、単身で離島に移住する形態のほか、
規模の大きな病院等を拠点に僻地医療に貢献するタイプの求人も増えています。

 

長崎の医療で特徴的な点はありますか?

1つには世界でたった2つだけの原爆投下地域として、被爆者医療が挙げられます。

 

戦後70年を経て被爆者の高齢化やそれに伴う死亡により、患者数は減少傾向にあるものの、
地元長崎だけでなく、国内外から治療や検査に訪れる人が今でも絶えません。

 

2つめとしては、僻地医療が挙げられます。

 

長崎には対馬、壱岐、五島列島など971もの離島があり、全国一の離島数を誇ります。
そのうち51が離島振興法の適用を受け、人口減少の防止と定住の促進が図られています。

 

つまり、医師についても離島に定住して地域貢献ができる人材へのニーズが高いといえます。