呼吸器内科 医師 募集

選択して正解だった(男性/30代)

男性/30代

医師求人情報サイトを活用して良かったことは、以前から勤務してみたいと思っていた科を選べたことです。医師なりたてのことは、内科医として働いていました。

 

しかし、本当は呼吸器内科に勤めたかったのです。機会があれば、いつか移ってみたいと思っていました。そんな時に求人サイトで募集を見つけることができたので、これはもう運命だと思ったのです。

 

すぐに応募してみることにしました。呼吸器内科の需要は多いのか分かりませんが、今まで見つけたことがなかったので、それほど多い方ではないのかもしれません。

 

これを逃してしまったら、またしばらく募集は入らないような気がしました。

 

しかも、その内容は好条件となっていたのです。収入も今よりも増えますし、勤務地も近くなります。これほどの好条件に恵まれて、見事に採用が決まりました。呼吸器内科を選んだのは、自身の子どもが喘息持ちだからです。

 

そんな理由もあり、少しでも身近に感じられるような職場に勤務したいと思ったのです。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

呼吸器内科、非常勤のお仕事(女性/50代)

女性/50代

総合病院で内科医師として働いていたのですが、家族の介護が必要になり、今までのようにフルタイムで働くことが難しくなりました。総合病院での勤務時間の変更は難しいと考えて、この機に転職をしようと考えたのです。

 

インターネット上で調べましたが、医師の求人情報を専門に取り扱っているサイトにお世話になりました。内科といっても色々仕事はあるのですが、呼吸器内科の非常勤の仕事が良いのではないかと紹介をしてもらいました。

 

自宅からも近い医院にて、医師が不足しているからと募集されていたのです。総合病院での勤務が長かったので、馴染めるだろうかとも心配しました。しかし院長は話しやすい方でしたし、看護師も積極的に声をかけてくれるので、すぐに慣れることができました。

 

院長が不在になることがあり、その間に患者さんを代わりに見て欲しいと言われましたが、週に2回や3回なので家族の介護も疎かにはなりません。当直もありませんし、素敵な出会いができたと思っています

 

呼吸器内科医師として徐々に復帰(女性/30代)

女性/30代

子供を出産したことをきっかけに、勤めていた病院を退職しました。そして数年自宅にいましたが、そろそろ子供も大きくなってきたので復帰を考えたのです。私は内科の医師です。何か良い仕事がないだろうかと調べたところ、医師の求人情報を扱っているサイトを見つけました。

 

コンサルタントにも相談に乗ってもらったのですが、呼吸器内科での募集が多いので紹介をしたいと言われました。フルタイムでの募集もありましたが、パートでも求人もあり、働きやすいのではないかとすすめられたのです。

 

パートですと週に1回や2回から、もしくは午前や午後のみなど短時間での求人もあると聞きました。
子供は地元の保育所に預ける予定だったのですが、4月にならないと入所は難しいだろうと言われていました。

 

そこで4月になるまではパートとして働き、その後はフルタイムで働けるように、コンサルタントが交渉もしてくれたのです
私も子供も徐々に慣らしていけるので、良い方法だと思いました。

 

よくある質問

呼吸器内科の医師のニーズはどのようになっていますか?

高齢者の患者が多い病院や慢性期患者が多い療養型病院や在宅医療において、ニーズが高い傾向にあります。

 

これらの医療機関では呼吸器管理が必要な患者が多いうえ、
高齢者が誤嚥性肺炎などを引き起こすリスクも高く、日々のケアも大切になるためです。

 

一方、急性期病院においては診療科の集約化傾向が進んでおり、呼吸器内科としてのニーズは限定的といえるかもしれません。

 

もっとも、呼吸器内科の中でも咽頭がんなど腫瘍に強い医師については、がん治療分野の医療機関からのニーズがあるほか、
近年では新薬開発における製薬会社からのニーズもあります。

 

患者からの主訴で最も多いのは咳で、これを基に鑑別診断や胸部異常影の診断が求められます。

 

また、呼吸器内科の領域は感染症や閉塞性肺疾患、アレルギー性・膠原病関連肺疾患、間質性肺疾患から腫瘍性疾患、血管性疾患まで多岐にわたるため、症例の経験や実績を積んだ医師へのニーズは高まる一方です。

 

呼吸器内科の医師の求人の傾向を知りたいのですが?

内科系の診療科でいうと、呼吸器内科は循環器内科、消化器内科に次いで求人数が多くなっています。

 

もっとも、求人の傾向は医療機関によって特徴的であり、都心部の大規模な総合病院などでは
指導医や専門医などのスキルや実績が高い医師はもちろん、若手の後期研修医まで幅広い求人があります。

 

一方、地方の一般病院では、慢性疾患のある高齢者や在宅酸素療養が必要な患者の対応なども多くなり、
10年以上の経験を持つベテラン医師が求められる傾向があります。

 

呼吸器内科の募集が多い地域や就業スタイルについて知りたいのですが?

呼吸器内科の求人のうち、約1割弱が非常勤やアルバイトの募集で、それ以外は常勤の募集が安定しています。

 

常勤の募集が多い地域は東京や大阪、福岡などの大都市圏に集中しており、
それに次いで都心部に近い都道府県で求人が目立ちます。

 

都市部での就職や転職機会に恵まれた診療科ともいえますが、近年では高齢化に伴い在宅医療の分野や療養型病床群などでもニーズが増していることから、地方での求人も増えていくことが見込まれています。