女医 キャリアアップ

医師の仕事は私にとって天職です(女性/30代)

女性/30代

医師になりすぐに結婚、出産しても当直がある病院で勤務していました。家庭を持っても医師の仕事には携わっていたいと思っていましたが、やはり子供の事を思い日勤の定時で帰宅できる病院に転職しました。

 

その病院は、皮膚科の日勤のみで定時に帰宅でき、土曜日は交代で休み日曜日は勤務無しで子供の為には大変良かったです。その様にして、子供が高校を卒業する迄そこで勤務しました。

 

その後、キャリアアップをしたいと思い女医専門の求人サイトを何気なく見ていたら美容外科、皮膚科の新規開院する医院が女医を募集しており、それらの診療科に以前から興味があったので、応募をしてみました。

 

すると今迄の医師経験歴を見て、すぐに採用となりました。現在、いずれは独立して開業をしたらとそこの院長が言ってくれていますので、更にキャリアアップを目指して頑張っている毎日です。

 

本当に何気なくですが、その専門サイトを閲覧し運が開けて良かったと思っています。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

一生をこの仕事に尽くす(女性/40代)

女性/40代

私は20代から同じ職場に居たため、長年続けるといろいろな意味でマンネリ化してきて、
また男性とは違う意味で同じ仕事を続けるのが難しくなるのを実感していました。

 

当然、その分地位は上がりましたが、何となく仕事に対する意気込みがだんだんと衰えてきてしまったような気がします。そして、生涯未婚となる予定でもあるので、一生をこの仕事に捧げようと思うようになりました。

 

それなら、なお一層、精進する必要があります。医師転職サイトを活用して、キャリアアップのできる求人を探すことにしました。アドバイザーの方にこれまでの実績も考慮した上で、さらなる上を目指せるような職場を探していただきました。

 

また、女医の需要は年々、高まってきているようです。女性患者は同性に診てもらいたいと思う人が多いからです。このような理由もあり、転職先はいろいろとありました。その中で、私自身をしっかり評価してくれる職場を選ぶことができ、今はやりがいを持って仕事を続けることができています。

 

妊娠退職から復職してキャリアアップを目指す(女性/40代)

女性/40代

私は地域の総合病院に勤務していましたが、結婚して妊娠したのをキッカケに退職しました。女医の数も少なく、看護師と異なり産休や育休を取得できそうな雰囲気ではなかったのと、院内保育所では夜間保育が実施されていなかったのがネックでした。

 

3年ほど子育てに専念したものの、やはり医師としてのキャリアをあきらめられず、復職を目指すことにしました。できれば24時間保育所があり、キャリアアップができる症例数が多く最新の医療設備も整った大学病院か総合病院で働きたいと考え、転職支援会社のコンサルタントに相談してみたのです。

 

3年のブランクがあったので、大病院への復職は難しいかなと思ったのですが、
紹介していただいたのは24時間保育所も設置された大学病院だったのです。

 

しかも、女医の復職支援プログラムが用意されていて、私のキャリアと診療科の最新事情に合わせた個別の研修を受けることができました。おかげで無事に復職を果たすとともに、アグレッシブに働いています。

 

よくある質問

女医としてキャリアアップを目指す際の転職のポイントはありますか?

能力と実力を伴えば、男女問わずステップアップできるのが医療の世界です。

 

もっとも、女医の場合は単にスキルを伸ばすことだけを目指すのではなく、ライフスタイルを考えた将来計画が求められます。
特に出産、子育てとどう向き合うかを考えておかなければなりません。

 

看護師の場合には人数も多く代替性があるので、産休や育休は比較的取りやすいです。

 

ですが、女医の場合は医療機関の環境によっては、自分が抜けると治療に支障が出るケースも少なくありません。
となると出産にためらいを感じる方も出てきます。

 

一方で、産休や育休を取ると別の医師が必須となり、復職するポジションがなくなることをおそれて出産に踏み切れない方もでてきます。ですが、女医としての成功は医師としてだけでなく、女性としての人生もあってこそです。

 

そのため、結婚や出産をしてもキャリアを中断せず働きやすい職場への転職がポイントになります。
女医も産休や育休が取れ、子育て支援制度が整っているところを探してみましょう。

 

女医としてキャリアアップするには、出産はあきらめないといけないのでしょうか?

医師は代替性が小さく、出産や育児で長期間休職すると復帰するポジションがないと不安になる女医が多いのは事実です。

 

少ない人数でオーバーワーク気味の医療機関も多いだけでなく、腕が高く患者さんや
医師仲間に頼られる女医ほど仕事に穴が空けられないと考えがちです。

 

ですが、妻として母としての経験も、医師としてのキャリアアップに活かすことができ、だからこそ女医としての価値も上がります。

 

24時間体制の院内保育所の整備や、育児中の短時間勤務制度や当直免除などの制度がある病院もあるため、
そういった病院を選んでキャリアを積むのがいいのではないでしょうか。

 

出産に伴い一度仕事を辞めたのですが、復職を成功させる道はありますか?

近年では医師不足をカバーすべく、女医の復職支援に積極的な医療機関も増えています。

 

子育てと両立しやすいよう日勤のみの勤務の求人や、院内保育所や夜勤免除など子育て支援制度を整備した医療機関も多く、一度仕事を辞めても、もう一度キャリアアップを目指せる道が開かれています。