消化器内科 医師 募集

消化器内科の専門医としてスキルアップに挑戦中です(男性/20代)

男性/20代

2次救急医療センターの消化器内科医として5年ほど勤務していました。
地域では救急医療の中心的な医院でしたから、緊急性の高い症例を数多く扱う毎日です。

 

急性期医療は最初の検査見立て次第で患者の命を左右することが少なくないため、緊張が強いられますが命を救うという充実感を感じる仕事です。消化器内科の専門医としてもう一段のスキルアップに挑戦しようと思い、医師転職支援サービスへ登録しました。

 

消化器学会が指定する研修施設が設置された高度医療機関で、多くの症例を実地で経験したいという思いからです。医師転職支援サービスのエージェントへお願いした条件は、消化器学会指定の研修施設が付属していること、医療スタッフチームに学会や研修会へ参加しようという意欲があるという点です。

 

この種の求人募集は一般には出ませんが、転職支援サービスに登録から2か月後に、
希望条件を満たす医院からの募集案件を受け取ることができました。

 

無事転職は成功し、専門医としての道を進んでいます。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

訪問形式で消化器内科診療を行いたくて転職しました(男性/30代)

男性/30代

これまで病院で消化器内科医として働く中で、病状や年齢の関係で、1人では通院するのが大変そうな患者さんの姿を多く目にしてきました。そうするうちにだんだん、病院へ患者さんに来てもらって診療を行うのではなく、患者さんのもとへ医師が足を運んで診療を行うべきなのではないか、という思いが強くなっていったのです。

 

それで、思い切って転職を決意し、医師の転職支援サービスを利用してみることにしました

 

コンサルタントには面談の際に、訪問診療を行っている病院で、消化器内科医の募集がないか相談してみました。すると、数日中にメールで条件にぴったり合う病院の募集情報が送られてきたのです。

 

内容を確認すると、私の自宅から通いやすいエリアにある病院でしたし、年収等の面でも納得のいくものだったので、すぐにその募集に応募しました。その後無事に採用を勝ちとり、今はその病院で訪問診療を行う日々です。

 

患者さんに自宅まで来てもらえるととても助かると感謝していただけるたびに、転職して良かったと実感しています。

 

出身校のしがらみから解放されました(男性/20代)

男性/20代

私は現在、出身大学の附属病院で勤務しています。消化器内科は実家の病院でも扱っている科目なので、もともと学びたかったし、その点では満足しています。ただ私は事情で国試浪人しているため、出身校ではかつての同級生が先輩となっており、若干肩身が狭い思いをしていました。

 

上下関係のきつい学校で、在学中の私は、リーダーとして後輩に喝を入れる立場でした。

 

それが2年遅れで医師免許を手にして戻ると、かつての後輩に絶対服従の立場です。
本来の仕事以外の部分でストレスを感じるのは不本意です。

 

そんなとき、そろそろ他の病院でも働けるくらいには経験を積んだかなと思い、
医師専門の転職支援サイトを見てみました

 

すると、意外や、医師の募集というのも沢山あるのだと気がつきました。
幸運なことに、転居しないで済む範囲にも、消化器内科で募集している病院がありました。

 

もう1年経験を積んでからにしようかな、とも思いましたが、常に希望の地域で募集しているとは限りません。
そこで、思い切って話を聞いてみました。元の病院にも迷惑をかけずに、うまく移る事ができて良かったです

 

よくある質問

消化器内科ではどのような求人が多いのでしょうか?

内科系の医師の求人でも、一般内科についで多いのが消化器内科です。

 

総合病院や大学病院はもちろん、消化器の専門外来があるクリニックも多いので恒常的にニーズがあります。
また、問診や腹部検診を行うニーズから健診センターや人間ドック施設などの求人も増加傾向にあります。

 

腹痛や便秘を訴える患者は多いため、慢性期病院や診療所など幅広い医療機関で求人があります。近年の傾向としては、病院にせよ、検診や健診センターにせよ、上部・下部内視鏡ができると採用に有利に働く傾向が見られます。

 

消化器内科医に求められるスキルや能力はありますか?

健診センターや人間ドック施設では内視鏡検査はもちろん、胸部・胃部・心電図の読影スキルもある、検診をオールマイティに担当できる医師へのニーズが高まっています。また、個人クリニックをはじめ消化器内科を標榜する求人の多くが、内視鏡のスキルと実績がある医師を歓迎しており、内視鏡が得意な人は有利に働きます。

 

一方、高齢者の多い病院や慢性的な疾病を抱える患者が多い療養型の医療施設では、
消化器内科の分野を超えて、統合的な内科診療ができる医師が求められています。

 

一部に特化して他が診れない、他の部分の疾病や症状に気づけないでは役割を果たせず、患者の体全体を診られる能力が必要です。この傾向は、リハビリテーション科や精神科の医療施設における求人でも見られます。

 

消化器内科医の勤務スタイルや募集の傾向はどうなっていますか?

消化器内科は求人数も多い診療科ではありますが、その分、
募集する医療機関や健診センターなどによって、医師に求められるスキルも違います。

 

医療施設の体制や医療設備、病床数によっても異なりますが、常勤だけでなく非常勤やアルバイトの募集も増えており、
ワークスタイルもご自身の希望に応じて選びやすい傾向が高まっています。

 

特に検診や健診、人間ドック等を扱うセンターでは、週1勤務やスポット的なアルバイトの募集も目立ちます。
もっとも、こうしたセンターでも、求められるスキルは高くなっており、内視鏡などに強い方が有利です。