産業医 募集

企業が募集する産業医の特長について解説

女性/60代

その年収や常勤医師に比べて働きやすいということから産業医という選択をする医師が非常に増えています。しかし、産業医の募集を大々的に行っている企業はあまりないのが現状です。

 

特に会社側からアピールすると色々と問題もあるようで、産業医として働ける医師から会社にアピールしたほうがその可能性がアップします。医師によっては自身でその業務やプロジェクトを立ち上げて、パンフレットやチラシを作って宣伝するなどの工夫で仕事を得ている様子もあります。

 

私が産業医になったきっかけは、大きな会社の役員の方の治療をしたことで、引き抜きされたような感覚でした。

 

その時の病院勤務よりも高い月収で雇ってもらえるということで、すぐに転職を選びました。会社専属の医師ということで、医療検査や会社の医療面のサポート、会社にとっては医師が一人ついているという肩書も重要だったようです。

 

会社の業種としても医師がいるという状態だとアドバイスも受けやすく、社員に何かのトラブルが起こらないようにできるということで双方の利害が一致したのも転職のきっかけになりました。

 

また、掛け持ちも許されているので、中小企業などの医療面をサポートしつつ、自身で年収をコントロールすることもできています。産業医としてはやはり事務処理能力が求められるので、少し鍛えておくとよいかもしれません。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

産業医に関する基本情報

過酷な医師の労働環境

数ある仕事の中で、最も労働環境が厳しいと言われているのが医師という仕事です。
一般的な医師の労働環境とは、長時間勤務や連日の当直、休みが取れないといった過酷な状況で知られています。

 

これに加えて、患者の健康に関わる特殊な仕事内容が、大きなストレスとなって多くの医師を悩ませているのです。その為、より良い労働環境と医療への志、この両方を叶える事が出来る、産業医という働き方が注目されるようになってきました。

 

産業医とは、労働者が企業の中で健康で快適な業務につけるように、指導する医師の事です。その為、企業に雇用される必要があり、一般社員と同様の雇用形態が保障されます。これが、企業の家庭医と呼ばれる由縁なのです。一般的に、社員数が50人以上の企業では非常勤勤務、1000人以上の企業では常勤が義務付けられています。

 

産業医の成り立ち

一昔前の日本では、工場や建築現場などの労働環境が悪く、
従業員の健康が害されるケースが社会問題に発展していました。

 

その為、呼吸器官を保護する方法や適度な休憩時間の必要性を指導する、医師の助言が必要とされるようになったのです。 近年の傾向として、募集する企業側の目的に変化が見られるようになりました。これは、労働者が抱える悩みが多様化してきた事に起因しています。近年の日本では、ストレスによる労働力の低下が、企業の運営に大きな影を落としています。

 

ある統計では、ストレスを感じない労働環境で働いた方が、生産性が格段に高いという調査結果も報告されています。

 

つまり、社員のストレスを軽減する事が、企業の収益に繋がると言えるのです。その為、社員のメンタルケアが、主な役割として求められるようになってきました。その結果、精神科医を採用する企業が増加し、新たにカウンセラーという人材も採用されるようになってきたのです。

 

カウンセリングも求められる産業医

企業によっては、産業医とカウンセラーをまとめて、専門の部署を設けている企業もあります。
また、ストレスの軽減には、長時間労働の問題もあります。

 

長時間労働により、社員が健康被害を被らない為の指導も、企業が募集する産業医に求められる要素なのです。その為、医療に関しての専門知識はもちろん、コンサルティング業務にも長けている人材が求められています。作業効率を上げる為の助言や、部下を管理する中間管理職への助言が、産業医の大きな役割と言えるでしょう。

 

社員がストレス障害を患った場合は、長期休暇の指導も必要となります。

 

特に重要なのが、社員が復職するタイミングや方法に関する指導です。週に2日くらいから徐々に通勤すべきなのか、午前中だけに限定すべきなのか、適切な対処が必要となるのです。社員が診療を受けている専門医の診断を考慮し、会社側の環境を整えるのも重要な役目となるのです。