美容皮膚科 医師 求人

女性の悩みに貢献したくて転職を決めました(女性/20代)

女性/20代

街中の医療モールにある皮膚科で3年ほど皮膚科医として働いてきましたが、もともと美容に関心が強いこともあって、より自分の理想を追求できる職場で働きたいと思うようになりました。

 

現在の職場ではお子さんや高齢者が中心なのですが、自分と同じ世代や悩める女性たちを助けたいと思ったのです。もっとも、近隣で美容皮膚科の看板を見かけなかったので、医師専門の求人サイトに登録してみました。

 

すると、3駅先のターミナル駅に新たに大手の美容皮膚科が新しい院を開設することになり、新規スタッフを募集していると新着情報を教えていただけたのです。早速、ネットから応募をしたところ、書類審査に通り、面接をしていただけることになりました。開院前のキレイな院での面接で、ホテルのような内部のゴージャスさや最新の医療機器を見学させてもらい、気分も高まります。

 

院長先生のコンセプトにも共感でき、先方にも私のスキルや志を気に入ってもらえ、転職の運びとなりました。
サイトで最新情報を教えてもらえたのがラッキーでした。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

QOLを重視している美容皮膚科クリニックに転職しました(女性/30代)

女性/30代

就職した美容皮膚科クリニックがとても人気のクリニックであったため、残業も多く、毎日慌ただしい日々が続いていました。そんなある日、お風呂で何気なく鏡を見てみたところ、疲れて幾分老けたような自分の顔が映っていたのです。

 

お客様をきれいにするのが仕事の私が、自分自身のケアに手が回らずに老けてしまうのでは良くない、そう思った私は転職を決意しました。

 

転職するにあたって重宝したのが、医師転職支援サービスです。コンサルタントの方に、もっと落ち着いて働ける職場で働きたいと希望を伝えただけで、豊富な求人情報を提示してもらえたのは助かりました。

 

また、就職活動の際に面接で苦労したので、転職活動を行うにあたって再び面接を受けるのが憂鬱に思っていました。
その点も相談してみたところ、コンサルタントの方が面接に同行してくださったので、とても心強かったです。

 

おかげで落ち着いて面接でアピールをすることができ、QOL重視のクリニックの美容皮膚科医師として無事採用していただくことができました。新しい職場に移ってからは、お客様と共に自分も美しくなれるように努力しながら働けています。

 

予定していた就職先がダメになったので緊急に探しました(女性/20代)

女性/20代

大学病院で研修医として働いていましたが、懇意にしていた先輩が独立する際には、私も一緒に引っ張ってくれるはずでした。先輩が開業する美容整形の分野はまだまだニーズがあり、当直がないという点が、女医にとっては一番の魅力でした。

 

ところが状況が変わり、私は一緒に行けないという事態になりました。
大学病院の方は、すでに辞めるつもりで段取りしていたので、本当に慌てました。

 

今更戻ることもできないし、自力で別の勤務先を探せるほどの人脈もまだありません。
困った私は、イメージしていたのと似たような分野での求人を探しました。

 

しかし、医師の求人は少なく、あっても当直が必須だったり、全くイメージ外の内科クリニックだったりして、どれも希望に合いません。そんな時、美容皮膚科の求人を目にしました。そうか、ここで経験を積むのも良いかな、そう思って応募したら、スムーズに話は進み、誰にも迷惑をかけずに職場を変わることができました。

 

医師のネットワークが弱い私には、特にこの出会いは貴重な体験でした

 

よくある質問

美容皮膚科は女性医師でも働きやすいでしょうか?

美容皮膚科の医師の割合は、圧倒的に女性が多いです。

 

やはり、お肌の美容を追求する診療科なので、もともとその分野に興味がある医師も女性が大半のためです。
美容皮膚科は日勤のみ、当直なしの勤務形態ですから、家庭や子育てと両立しながら女医が働きやすい傾向にあります。

 

都心部や商業施設が多い女性に人気のスポットに立地しているクリニックも多く、業後のプライベートタイムも充実できます。

 

もっとも、自由診療を主として美容に敏感な女性を対象とするクリニックであるため、
仕事帰りや休日に診察が受けられるよう、夜間対応や土日祝日診療を行っているクリニックも少なくありません。

 

常勤として勤務を希望する場合は、こうした夜間や休日シフトなどにも対応できることが求められることもあります。

 

一方、非常勤やスポット的に働く場合には、働く日程も選びやすく、平日日勤のみや、
逆に追加のアルバイトとして土日のみといった働き方も可能です。

 

美容皮膚科と皮膚科の医師に求められるスキルの違いはありますか?

皮膚科の場合はアレルギー性皮膚炎やじんましん、ニキビのほかイボ、皮膚の炎症など皮膚疾患の治療が主体となり、
一時的なケース、慢性的で定期的に通院するケースなどがあります。

 

美容皮膚科の場合はケミカルピーリングをはじめ、QスイッチやYAGレーザーなどによるシミ取りやニキビ跡治療などの各種レーザー治療や、ボトックスやヒアルロン酸注入などの注射治療、小手術などの技術が必要になります。

 

また、医師として自らのお肌ケアにも努めなければなりません。

 

皮膚科であれば多少お肌にトラブルがあっても、患者に共感や親しみを持ってもらえるかもしれませんが、
美容皮膚科の場合、この医師に頼んで大丈夫なのだろかと不安視されます。

 

美容皮膚科の医師の中には、自ら美容治療を試す方も少なくありません。

 

美容皮膚科の求人や収入の傾向について知りたいのですが?

皮膚科は人気の高い診療科ですが、求人の数自体は必ずしも多くありません。
アルバイトや非常勤、短時間正規雇用の割合も高くなっており、収入に関しては北関東エリアが高い水準を示しています。