老人ホーム 医師 募集

老人ホームでも医療分野の医師を募集

男性/20代

私は医師免許を持っていますが、老人ホームに所属している医師です。一つではなく、複数の老人ホームと契約をしており、1日ごとに違う老人ホームを巡って施設内にいる高齢者たちの健康状態をチェックしています。

 

あくまでチェックですが、毎週投薬が必要な場合にはその時に必要なお薬を用意してから訪問するので、老人ホームとの契約だけではなく、そこでの施術料金もそれぞれの患者から受け取れます。そのため、年収も相応に高くなりますが、医師としてはまだ少ないかもしれません。

 

開業医にはできないフットワークで高齢者サポートをしており、その分を考えればもう少し年収が高くなってもよいかもしれません。しかし、社会貢献としてはかなり地域に貢献できており、行政からも感謝されるほどの活躍ができています。また老人ホームに勤務している方々への健康チェックもするので、事前に疲労状態や健康状態が把握できるので、労働トラブルなども減らすことができています。

 

老人ホームで医療サービスを提供する場合には、産業医ということも踏まえておくと、年収をさらに上げられるでしょう。
転職を検討している方は、老人ホームや産業医も視野に入れて、情報サイトをチェックしてみてください。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

高齢化社会と医師の位置づけ

医師の求人が大幅に増加

医療業界において、求人情報数も年々その数を増やしており、経験や年齢問わずに募集していることも
背景として挙げられているため、医師や看護師不足も解消されています。

 

近年、医療業界のみならず、介護業界においても医師を募っている傾向にあり、医療分野とは異なる携わり方が話題を集めています。最前線での活躍の場合、ハードワークとなりやすいのが医療業界ですが、ゆったりした活躍の場を求めたいニーズにあわせ、近年では老人ホームでも医師が活躍しています。グループホームなどの集団生活を行いながら介護を受けられる施設をはじめ、近年では有料老人ホームでも募集を募っています。

 

高齢化社会に伴い、活躍する者を求める需要は伸び続けており、求人情報も全国各地、
地域密着型までが展開されているため、IターンやUターンなどにもしっかり応えられる内容です。

 

介護にも携わる医師

有料となるホームでは、入所している高齢者の生活支援サービスの提供を目的としているため、自立させる内容の携わり方となります。介護付きや健康型などに分類される介護業界特有の施設でもあり、給料面でも優遇されるケースは極めて高く、例えば、管理業務を担う場合、2・3年となる浅い経験でも、年収は1000万円台からであるのも有料でサービスを提供する施設ならではの特徴の1つです。

 

入居者を増やすことを視野に入れている老人ホームでは、安心・安全・信頼などを入居者に約束するため、医療の質の高さをもっとも重要視しています。また老人ホームでの勤務では、病院とは異なり、診療科目の制限がないために多彩な職歴を持つ医師が優遇されています。

 

内科医や外科医、さらには耳鼻咽喉科などの高齢者の健康維持に配慮できる診療科目で、浅くとも医療経験がある者を求めているのも特徴です。もちろん、医療施設との連携を行っている老人ホームも多く、病院が併設されている施設では緊急時にもしっかり対応できる内容です。

 

施設での医師の位置づけ

入所者や通所者の健康管理が主な仕事内容となるため、ゆったりした活躍を希望する求職者から注目されていますが、募集する施設によっては、オンコールや電話対応、看取りなどを行う必要もあるため、募集内容や条件をチェックすることが大切です。

 

病院が併設されている場合、外来を希望することもできますが、時には高齢者の方々との日常会話の中から病気の原因を紐解く必要もあり、コミュニケーション能力となるフレンドリーな携わり方が求められます。

 

医師として活躍するメリットとして、多岐にわたる医療知識を身に付けることが可能な点で、これまで培ったノウハウを活かすことも学ぶことも可能です。また、医療チームとの連携を図ることや、介護スタッフや看護師とのチームプレイでの活躍を担うため、スタッフ間のやり取りも重要視される内容の募集先となります。