麻酔科医 転職

病院の麻酔科医が転職するための方法

女性/20代

麻酔科医として新たに転職した私に待っていたのは、まったくそれまでとは違う労働スタイルでした。麻酔が必要な時以外には好きなシフトで外来対応をし、必要な手術や依頼があったときには麻酔科医のスペシャリストとして出動するというスタイルで、市民がみんな元気でいるときは特に落ち着いて勤務できます。

 

元々、医師ながらも外科手術の雑用を多く受けていたために、麻酔などをかなり調製できるスキルを身につけていました。それを利用して転職をした病院では、外科も麻酔科医としても、外来対応も任されて、ガンガン仕事ができている充実感もありますが、年収も2200万円を超えて医師としても貢献できているという実感があり非常に満足です。

 

人間関係に不安があったとはいえ、以前勤務していた病院で身についたことはかなり今の病院で役立っています。

 

麻酔科医としては他の病院からも依頼が来るため、その分、病院にも私自身にも利益が出ます。美容クリニックや歯科などからアドバイスを求められることもあるので、地域医療に役立てている実感が今の私の中で一番大きいです。麻酔科医という選択肢も転職情報サイトでチェックしてみるとよいかもしれませんね。

 

口コミ人気No1の医師転職支援サービス

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア
  1. 専任コンサルタントが面接同行、勤務形態や年収の条件交渉を行う
  2.  

  3. 登録は完全無料、年間1万人以上が利用しており非常に認知度が高い
  4.  

  5. 好条件な非公開求人を多数保有、完全匿名で医療機関と交渉可能

公式サイトはこちら

 

麻酔科医の就業状況

手術に必須の麻酔医

病院には手術をする際に必要な医師がいます。それが麻酔科医になりますが、大きな病院ではたくさんの人が勤務しています。少し前の市場動向になりますが、麻酔科常勤医のニーズは、少しずつではありますが充足傾向となっています。

 

それはなぜかというと、少し前までは非常勤が中心となっていたということで、枯渇する傾向にあったのですが、最近では常勤医師がどのような医療機関にも多く在籍するようになっているので、各病院でのポストも埋まってきているという状況にあります。

 

これは首都圏に見られる傾向となっています。しかし、これはあくまでもそのような傾向があるというだけで、まだまだ麻酔科医の求人はたくさんあるということが言えます。したがって、転職を希望しているという人も自分にあったところを探すことができます。

 

転職の可能性も多い

標榜医や専門医、このほかには指導医などさまざまなところへの転職が可能となっています。麻酔科の大きなポイントとしては、当直や宅直を選ぶことができたり、国公立病院での常勤医師の求人も多くなっています。したがって、これは転職を考えている人にとっては非常に強みとなります。麻酔科の医師が転職を希望する場合には、確認しておかなければいけないことがいくつかあります。

 

それは実績や診療に対する考え方がどのようになっているかという点です。具体的にはどのようなことかというと、手術を行う際に麻酔がありますが、この麻酔医療域に関する得意や不得意領域の有無があるかどうかです。

 

このほかには並列麻酔の経験があるか、術前や術後の管理について、さらに具体的な過去の実績などが面接の際に確認されることが多くなっています。このほかに当直やオンコールに関する考え方や姿勢も確認される大きなポイントとなっているので、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

フリーの医師も多くなっている

医療機関のなかには脳神経外科が中心となっているところもあります。手術の内容に偏りがあるというような医療機関もあるので、このような各医療機関ごとの特徴に関してしっかりと把握しておくことが必要です。

 

最近ではフリーとして働く人も多くなっています。1日勤務で10万円というようにフリーで医師をしている人の多くは契約医として訪問医として働いている人が多くなっています。しかし、麻酔科医の場合は、フリーランスという形は全く異なっています。

 

フリーであるということは、病院や医局からの束縛がないということではなく、自分の裁量で働けばいいと言うことになります。20代から30代の頃に手術でしっかりと仕事をこなし、その後にフリーになる人もたくさんいます。麻酔科医は医療の最前線や終末期医療の最後の瞬間まで医師としての仕事をしっかりと全うすることができる職業となっています。